Appleの電源アダプタを横向きに!変換プラグ「Ten One Design Blockhead」が登場

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。
Appleの電源アダプタといえば大きくて邪魔になることで有名。しかもコンセントに対して縦向きにしか挿すことができないので場所を取ることこの上ない。

しかし、そんなAppleの電源アダプタの不便さが解消される日がやってきます。フォーカルポイントが変換プラグ「Ten One Design Blockhead」を7月14日に日本でも発売すると発表しました。

スポンサーリンク

MacBookやiPadの電源アダプタを横向きに変換するプラグが登場

前述の通りAppleの電源アダプタは、縦向きにしか挿せないのでかなりかさばって邪魔になるのが特徴ですが、「Ten One Design Blockhead」を使えばコンセントへの挿し込みを横向きに変換することが可能

Apple純正アダプタのプラグを「Ten One Design Blockhead」に変えることで、コンセントに対して平行に挿すことができるようになるので、ソファーやデスクなどが置いてある狭いスペースでも邪魔になることなくAppleの電源アダプタを使用することができます。

純正電源アダプタをそのまま使用する場合は、USBケーブルを接続することを考慮すると少なく見積もっても約125mmのスペースが必要ですが、この変換プラグを利用すれば約76%もスリム化した約30mmのスペースで設置することが可能。

ちなみに「Ten One Design Blockhead」は、ほとんどのApple純正の電源アダプタで使うことが可能で、使用できる電源アダプタは以下の通り。

・Apple 87W USB-C電源アダプタ
・Apple 61W USB-C電源アダプタ
・Apple 29W USB-C電源アダプタ
・Apple MagSafe 2電源アダプタ
・Apple MagSafe 電源アダプタ
・12W USB電源アダプタ
・10W USB電源アダプタ

また、変換プラグを接続した電源アダプタは、充電ケーブルが下方向から出ることになるので、ケーブルが折れて断線する可能性も低くなり、Appleの純正電源アダプタで採用されている国際電気標準会議(IEC)で定められた「IEC 60320-C7」と、米国NEMA規格の「NEMA1-15」に準拠しているので使用上の安全も確保されています。

なお、価格は2,480円(税別)で、発売日は7月上旬予定。本日からフォーカルストアの他、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどで予約受付が開始されています。

価格もお手頃で、まさに痒いところに手が届く製品になっているので、Apple純正の電源アダプタを使っている方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。Amazonでは2017年7月14日に入荷予定となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク