Appleのティム・クックCEO、Apple Watchで血糖値を測定するデバイスを自らテスト中

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

今年4月にはAppleが「Apple Watch」に搭載して血糖値を測定するための光センサーを開発しているという噂が報じられていましたが、どうやらこの血糖値を測定するための光センサーは実際にテスト段階まで進んでいるようです。

CNBCは、Appleの新本社キャンバス「Apple Park」内で、CEOであるティム・クック氏が自ら「Apple Watch」で血糖値を測定するデバイスをテストしていると報じています。

スポンサーリンク

「Apple Watch」での血糖値測定を実用化に向けてテスト中

AppleのCEOであるティム・クック氏は、今年2月にイギリスのグラスゴー大学で名誉学位を授与。その際にグラスゴー大学の学生らとトークセッションを行い、グルコースモニターについて意見を交換しました。

その際にティム・クック氏は「ここ数週間ずっと血糖値を測定するモニターを装着していた。の旅行に出発する前に外したばかりだ。」と語りました。

また、クック氏は「何かを食べたり、何かのアクティビティを行った際にどのように血糖値が変化するのかを確認している。今では一定の血糖値を保つことができるようになった。」とも発言。

この”血糖値を測定するモニター”というのがどういったものかは明かされませんでしたがAppleが極秘チームを結成し「Apple Watch」で血糖値を測定するための光センサーを開発しているという噂から、血糖値モニターを搭載した「Apple Watch」だとみられています。

実際にティム・クックCEOが「Apple Watch」に接続されたプロトタイプの血糖値モニターを使用している姿がApple本社キャンパス内で目撃されているそうで、血糖値モニターは「Apple Watch」に搭載されるのではなく、「Apple Watch」に接続する形で動作する独立したデバイスになるとみられています。

現時点ではあくまでもテスト段階。実際にリリースされるにしてもどのような形でリリースされるのかは分かりませんが、「Appel Watch」用のバンドとして登場する可能性も考えられており、そうなれば現時点で「Apple Watch」を持っているユーザーなら新たに新型の「Apple Watch」を買い足さなくても血糖値モニターが利用できるようになるかもしれません。

血糖値は糖尿病などの生活習慣病を予防するために必要な数値ですが、現段階では気軽に測定できる機器が少ないので自分の血糖値を把握している人は少ないはず。

しかし、血糖値モニターが「Apple Watch」で利用できるようになれば、糖尿病の予防や治療にも役立てることができ、低血糖などを事前に防ぐことが出来るので多くの命を救えるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク