iOS向けキーボードアプリ「ATOK」がアップデートで10.5インチの新型「iPad Pro」に対応

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

本日、JUSTSYSTEMSが、iOS向けの日本語入力キーボードアプリ「ATOK」をアップデートし、最新版の「ATOK 1.5.4」をApp Storeでリリースしました。

「ATOK 1.5.4」では10.5インチの新型「iPad Pro」でキーボードが正常に表示されない問題が修正されています。

具体的に言うと「Safari」や「メモ」アプリなどAppleの純正アプリでは問題がないのですが、その他のApple純正ではない一部のサードパーティ製アプリで以下の画像のようにキーボードの右側が画面外にはみ出てしまう問題が発生していました。

おそらく10.5インチではなく12.9インチの「iPad Pro」として認識されているようで、全てのサードパーティ製アプリで発生していたわけではないものの、キーボードがはみ出てしまうアプリではバックスペースが押せないのでかなり不便でした。

不便というよりも入力ミスがあってもテキストを消せないので致命的なバグと言ったほうがいいかもしれませんね。

今回のアップデートではこのバグが修正されているので、やっと10.5インチの新型「iPad Pro」でもメインキーボードとして「ATOK」を使えるようになりました。

同じ症状がでてキーボードから「ATOK」を外していた方はすぐにアップデートしておきましょう。「ATOK」を使った快適な生活が戻ってきますよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク