包み込まれる装着感で長時間使用も容易いAugustのBluetoothワイヤレスヘッドフォン「EP460」をレビュー!

スポンサーリンク

どうも!Hi-ブリッジmax(@Hi_B_max)デス!

Bluetoothスピーカーやイヤフォン・ヘッドフォンを手がける「August」のBluetoothワイヤレスヘッドフォン「EP640」を提供して頂いたので早速レビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

装着感が良く、操作しやすいボタン類

今回提供していただいたのは「August」のBluetoothヘッドフォン「EP640」です。

商品の内容物は以下の通りです。

・EP640 本体
・microUSBケーブル
・3.5mmオーディオケーブル
・解説書

本製品はパッと見た印象ではヘッドフォンという形状、大きなイヤーパッドから大きさと重量感を感じます。ですが、この大きさながらも重さが約253gと軽量です。イヤーパッドが耳の位置にフィットできるように調節できるアジャスター機能が備わっています。

パッド部分は内側に折りたたむ事が可能で、外出中に使用しない時はサイズをコンパクトにして収納する事ができます。

操作系統は中央に電源のON・OFF/音楽再生・停止/通話操作を行うボタンがあり、その周りにはリング状のボタンがあり、左に押すと曲戻り、右に押すと曲送り、上に押すと音量アップ、下に押すと音量ダウンとなります。
右耳側に操作が集約されており、ボタン形状も大きく操作がしやすいです。

本体左耳側には、「August」のロゴに、ヘアライン処理の施されたメタルパーツがあしらわれており、高級感のあるデザインとなっています。本体のカラーバリエーションは今回紹介しているの他に、が用意されています。

本体右耳側下部にはMicroUSBの充電ポートと通話時に音声を拾うマイクがあり、充電時間は3.5時間程となっており、最大15時間連続再生で通勤時だけの使用なら1週間は戦えるロングライフっぷりです。
そして左耳側下部には3.5mmのイヤフォンジャックが備わっており、バッテリー残量が無い際は付属の3.5mmオーディオケーブルを接続する事で有線での再生が可能となります。
音質は低域が強く、ベースのスラップ奏法を用いた楽曲などが気持ち良くきけます。高音部分も全然聞き取りやすいですが、重低音の太さを求める方向けかなと個人的には感じました。
あとは、国内向けにもう少しわかりやすい解説書を作ってくれると嬉しいですね。

頭の大きい筆者でも長時間つけていても苦にならない、締め付けがきつくない大きいイヤーパッドに包みこまれる感覚が良くて、見た目もカッコよく操作もしやすいBluetoothヘッドフォンなので、気になる方は是非チェックされてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク