世界一固い「あずきバー」が”ふわふわ”のかき氷に!? – 「あずきバー」の固さの秘密とは

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

タカラトミーアーツが、釘を打てるアイス、世界一固いアイスなどの称号を持ち、デジタルロックウェル硬度計で一瞬だけですがダイヤモンドの次に硬いサファイヤの硬度を上回るHRC300超えを叩き出した「あずきバー」を削って”ふわふわ”のかき氷にする専用のかき氷機「おかしなかき氷 井村屋あずきバー」を6月29日に発売することを発表しました。

スポンサーリンク

”カチカチ”の「あずきバー」が”ふわふわ”のかき氷に

タカラトミーアーツは「身近な食べ物を簡単アクションで楽しく美味しくアレンジする」がコンセプトの「おかしなシリーズ」を展開。同シリーズには「ガリガリ君」をかき氷にアレンジする商品や、スムージーにアレンジする商品がラインナップ。

今回タカラトミーアーツが挑むのは「ガリガリ君」などとは比べ物にならない硬度を誇る井村屋の国民的アイスキャンディー「あずきバー」。世界一固いとも言われている「あずきバー」を”ふわふわ”のかき氷にしてみたいという想いを胸に2016年9月から商品開発を開始。

しかし、その道は簡単な道ではなく非常に困難を極めたそうで、プレゼンテーションの場で「あずきバー」の固さに途中で試作機が壊れるというアクシデントも発生したとのこと。

何度も何度も試作機を作り直し、第6号機目にしてやっと「あずきバー」を1本まるごと削りきり、かき氷にすることに成功。約9ヶ月の開発期間や何度も井村屋の担当者を訪れ、目の前で「あずきバー」を削ろうとしては失敗するということを繰り返したタカラトミーアーツには一種の執念すら感じます。

「あずきバー」を削りきれたことがよほど嬉しかったのか、タカラトミーアーツは「おかしなかき氷 井村屋あずきバー」の試作機と、それぞれの試作機のコンセプト、失敗要因も公開。「あずきバー」の固さに敗北した試作機は以下の5機となっています。

【第1号機】強力バネタイプ

「あずきバー」をかき氷にするための試作機1号。2人がかりでセットしなければいけないほどの強力なバネを搭載するも、途中で押し付けるバネの力が足りなくなり半分ほど削ったところでギブアップ。

【第2号機】上ハンドルタイプ

試作機2号は上ハンドルタイプ。ハンドルと連動したギアが「あずきバー」を下へ押し込む仕様ですが、ハンドルが非常に重く、上からハンドルを回すと支柱となっているラックギアがしなるほど力がかかってしまい、写真のようにハンドルが折れる悲劇が発生。その後、修理したそうですが「あずきバー」を削る前に壊れギブアップ。

【第3号機】サイドハンドルタイプ

第3号機はサイドにハンドルを付けたタイプの試作機。上ハンドルタイプの経験を反映し、サイドハンドルを採用して「あずきバー」の回転に対する力の負荷を軽減したものの、ハンドルが重く回すことができなかったため敗北。

【第4号機】頑丈&三枚刃タイプ

「あずきバー」の固さにハンドルが負けるなら、刃の枚数を増やして一気に削りきろうとしたのが試作4号機。結果、刃を増やしたことで抵抗が増え、3号機と同じくハンドルが重く回すことができずに敗北。

【第5号機】スティック引き抜きタイプ

完成品とほぼ同じコンセプトの試作第5号機。削る際の抵抗になっていた「あずきバー」のスティックを引き抜くことを検討し、スティックを引き抜くための専用パーツを制作。

さらに、ハンドルのギア比を変えた5種のサンプル機を制作し、最終的にギア比を1:1.76に決定。この段階でほぼゴールが見えたとのこと。ここまでくるともう意地と意地のぶつかり合いですね。

そして、様々な試行錯誤、約9ヶ月間の開発期間、試作機の犠牲の上に完成したのが以下の「おかしなかき氷 井村屋あずきバー」

【第6号機】ついに製品が完成

試作第5号機で見えたゴールに向かって邁進。試作第2号機のハンドルが折れたことを受けてハンドル部分にはクラッチも内蔵。「あずきバー」を最後の最後まで削れるように押さえのパーツも改良。そして、ついにこの第6号機で「あずきバー」を1本まるまる削りきってかき氷にすることに成功したそうです。

こちらが「あずきバー」からスティックを引き抜くための専用マシン「ぬけるんバー」で、かき氷機の本体と同様に何度も試作品が作られたとのこと。もちろんこの「ぬけるんバー」も「おかしなかき氷 井村屋あずきバー」にセットで付属しています。

作った「あずきバーかき氷」は、そのまま食べても”ふわふわ”の新食感「あずきバー」で美味しいそうですが、牛乳を注いで「あずきバーシェイク」にしたり、フルーツやみつまめと一緒に盛り付けて「あずきバーかき氷パフェ」にしても美味しいとのこと。

アレンジの幅が広そうなので、オリジナルの「あずきバー」スイーツを見つけてみるのもいいかもしれませんね。

ちなみに、世界一固いとまで言われている「あずきバー」がここまで固い秘密は原材料にあります。「あずきバー」の原材料はあずき、砂糖、コーンスターチ、塩、水あめだけ。アイスが柔らかくなる添加物が一切入っていない上、食物繊維たっぷりのあずきがギッシリ詰め込まれていることで空気の泡が少なくなり固くなっているそうです。

さらに、昔に比べて甘さが求められなくなったことで、「あずきバー」も甘味料を減らした結果、水分が増えて、その水分が凍った氷の分量が増え、昔よりもさらに固くなっているとのこと。「あずきバー」は美味しさを追求した結果とてつもなく固くなったということでしょう。

なお、「あずきバー」を削って”ふわふわ”のかき氷にする専用のかき氷機「おかしなかき氷 井村屋あずきバー」は前述の通り、2017年6月29日に発売予定で、価格は2,800円(税抜)。すでにトイザらスやAmazonなどでは予約受付中。

とてつもなく固い「あずきバー」を削ることで”ふわふわ”の新食感になり、子どもやお年寄りでも食べやすくなるので、「あずきバー」は好きだけど固すぎてちょっと…という方は「おかしなかき氷 井村屋あずきバー」を購入してみてはいかがでしょうか。シェイクやパフェも美味しそうですよね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク