バナナにそっくりな携帯電話「Banana Phone」がクラウドファンディングで出資を募集中

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで、バナナにそっくりな携帯電話「Banana Phone」の出資が募集されています。

非常にユニークなバナナ型の携帯電話ですが、そのバナナの形には実は深い理由があるので以下から是非チェックしてください。

SPONSORED LINK

絶滅危惧種のマウンテンゴリラ保護のため

バナナにそっくりな携帯電話「Banana Phone」は、実際に通話することの出来る”バナナ型の携帯電話”で、iPhoneやAndroidとBluetoothを使ってペアリングして使う、いわゆる電話の子機に当たるガジェットです。

使い方は簡単でスマホと「Banana Phone」をペアリングした状態にしておき、着信があったときに3つ並んでいるボタンの真ん中を押せば通話開始。通話中に真中のボタンを押すことで通話終了となります。

また、通話応答/通話終了ボタンの上下にあるボタンで音量調節をすることもでき、SiriやGoogle Assistantなどの音声補助機能を使えば「Banana Phone」から電話をかけることも可能。長らく携帯電話のボケとして使われてきたバナナがついに本物の電話として誕生します。

本体下部には充電用のmicro USB端子も搭載。バッテリーはリチウムバッテリーで最大連続通話時間10時間、最大待機時間70時間となっています。

少しふざけた製品のようにも思えるバナナにそっくりな携帯電話「Banana Phone」ですが、実は誕生の裏には3つの深い理由があるのです。

まず1つ目の理由は、もっと話をしてほしいということ。現代社会を生きる人々はメールやテキストでのやり取りが増えたことから、昔に比べて人と会話する時間が極端に減ってきています。そこで「Banana Phone」を使うことによって、もっと友達や家族との会話を増やしたり、電話で友達を呼び出して楽しいトークを繰り広げてほしいとのこと。

2つ目の理由は、人生には悲しいことも沢山あり、落ち込むことも多いが、せっかく生きているのだからもっと楽しく、もっと笑って生きていって欲しいという思い。

最後に3つ目の理由が、国際自然保護連合(IUCN)の「レッドリスト(絶滅危惧種)」にも指定されている「マウンテンゴリラ」の保護のため。マウンテンゴリラは森林伐採と密猟の影響で個体数が激減していて、現在は世界中に約880頭しかいないといわれています。これはすぐに対策を講じないと今すぐにでも絶滅してしまう数字です。

「Banana Phone」の売り上げの1%は、中部アフリカに位置するコンゴ民主共和国のヴィルンガ国立公園に生息する「マウンテンゴリラ」を保全するための資金や設備費として寄付されるそうで、「Banana Phone」を購入すれば「マウンテンゴリラ」を救う手助けをすることができます。

ちなみに、動物の学名は「属名」を名詞で書いて、次に「種小名」というその種の特徴を表す形容詞かそれに相当する言葉を書きますが、ゴリラの場合は属名が「ゴリラ属」で種小名も「ゴリラ」なので、正式な学名は「ゴリラ ゴリラ(Gorilla gorilla)」です。

「Banana Phone」の価格は40ドル(約4,500円)+送料で、目標金額は30,000ドル(約340万円)、現時点ですでに10,025ドル(約115万円)の出資が集まっています。

なお、出資することで「Banana Phone」の本体だけでなく充電器とステッカーもセットで貰うことができ、120ドル(約13,500円)の3つセットに出資すると、さらに「Banana Phone」Tシャツもセットで貰うことが出来ます。

出資の募集期間は5月末までで、目標金額に達すれば2017年9月から出荷が開始される予定。もちろん日本への発送にも対応しているので、ネタとして使いたい方や「マウンテンゴリラ」の保全に協力したい方などは、この機会に是非下記のリンクから申し込んでみてはいかがでしょうか。

Banana Phone – Indiegogo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP