Mac向けの入力支援ツール「BetterTouchTool」が「Touch Bar」に対応!

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

BetterTouchTool」といえば予てよりMacユーザー御用達の入力支援ツールですが、AAPL Ch.によると、現地時間2017年1月31日に「BetterTouchTool 2.01」へとアップデートされ「Touch Bar」に対応したことが明らかになりました。

「BetterTouchTool 2.01」では「Touch Bar」にウィジェットを配置出来るようになっており、配置できるウィジェットの種類は下記の5種類となっています。

・日時
・絵文字
・アプリスイッチャー
・輝度/ボリュームスライダー
・バッテリー駆動時間の残り
・Apple Scriptの実行結果

なお、設定は「BetterTouchTool」の設定にある「Touch Bar」タブの”+Widget”→”Select Touch Bar Widget”から配置したいウィジェットを選択するだけとなっていますので、同アプリのユーザーの方は試してみてはいかがでしょうか。

「BetterTouchTool」は長年フリーソフトウェアとして提供されてきましたが、昨年1月23日にリリースされた「BetterTouchTool 1.52」から有料化されており、個人的には使用するのを辞めていたのですが、今回追加された「Touch Bar」ウィジェットが便利そうなので購入して使用を再開してみようと思います、

BetterTouchTool – 公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク