カプコン、iOS/Android向けに「魔界村」「大魔界村」「戦場の狼」「1942」の移植を発表!

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Gematsuによると、カプコン・モバイルが、数々のゲーマーに地獄を見せてきた名作ゲーム「魔界村」「大魔界村」「戦場の狼」「1942」をiOS/Android向けに移植することを発表しています。

スポンサーリンク

往年の名作「魔界村」や「戦場の狼」がスマホで復活

「魔界村」は1985年にアーケードで稼働した横スクロール・アクションゲーム、「大魔界村」は1988年に稼働した「魔界村」の続編、「戦場の狼」は1985年に稼働した縦スクロール・アクションシューティングゲーム、「1942」は1984年に稼働した縦スクロール・シューティングゲームとなっています。

「魔界村」「大魔界村」「戦場の狼」「1942」のiOS/Android向け移植作では、オリジナル版の要素を維持した上で、タッチスクリーンに最適化した操作を提供するそうで、ゲームモードには「クラシック」と「カジュアル」が用意され、ランキングにも対応する他、いくつかのタイトルではオート連射やボタンコンフィグのオプションが搭載されるとのこと。

ただ、カプコンは今年1月に「ロックマン」シリーズ6作をiOS/Android向けにリリースしましたが、ユーザーからは「ガラケー向けアプリからの移植」ではないかとの不評を買っているので、今回のような名作レトロゲームの移植には不安が残ります。

なお、これらの作品は過去に何度も移植が繰り返されていますが、今回のiOS/Android向けアプリではどのバージョンが移植されるのかは不明で、リリース次期は今後数か月以内に配信予定となっていますが、あくまでも海外向けの発表のため、日本国内向けにもリリースされるのかは現時点では不明となっています。

[via AUTOMATON]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク