16時間で3.5億!?話題のスマホ質屋「CASH」が一時サービス停止

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

昨日公開され、ネット上の話題をかっさらっていった目の前にあるものをスマホで撮影するだけで瞬間的に現金に変えることのできるスマホアプリ「CASH(キャッシュ)」ですが、本日、アプリの公開から16時間34分でサービスの一時停止が発表されました。

スポンサーリンク

アプリのリリースから16時間で3.5億円分のアイテムが現金化

「CASH(キャッシュ)」をリリースした株式会社バンクの公式発表によると、スマホを使った現代版の質屋ともいえるサービス「CASH」では、サービス開始から16時間34分で約3万ダウンロードを突破

サービスの一時停止までの間に72,796回もアイテムがキャッシュ化され、その総額は3億6,000万円を超えているそうです。

株式会社バンクは社員4名ほどの会社で、アプリのリリース初日からここまで爆発的に利用者が増えることは想定していなかったとのこと。

そして、現時点では現実的に考えて毎日7,000点以上のアイテムの受取処理を行い、毎日3.5億円以上の現金を供給することは不可能なため、一時的にサービスの利用停止を決定。

なお、運営体制が整い次第サービスを再開するそうで、今回のサービス停止に関しても新規の査定機能が停止しただけなので、その他のキャッシュの引き出しなどの機能に関しては引き続き利用が可能となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク