Google、QRコードを簡単にスキャンできるようになるなどしたiOS向け「Chrome 56.0.2924.79」をリリース!

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Googleが、iOS向けのブラウザアプリ「Chrome」をアップデートし、QRコードを簡単にスキャンできるようになるなどした「Chrome 56.0.2924.79」をリリースしています。

スポンサーリンク

Chrome 56.0.2924.79 の新機能

Chrome 56.0.2924.79」でのアップデート内容は下記の通りで、iPadのタブ切り替えのレイアウトが変更された他、3D TouchやSpotlightからQRコードまたはバーコードがスキャンできるようになっています。

スポンサーリンク

アップデート内容

・アプリのロゴ上で 3D Touch を使用するか、Spotlight で「QR」を検索して、QR コードまたはバーコードをスキャンできるようになりました。
・開いているサイトにアクセスしやすいように、iPad のタブ切り替えのレイアウトを変更しました。

新たに搭載されたQRコードまたはバーコードのスキャン機能を使うには、ホーム画面の「Chrome」アプリのアイコンを強く押し込んで3D Touchのメニューを表示させると、メニューの中に「QRコードをスキャンします」という項目があるので、それをタップするとカメラが起動してQRコードやバーコードをスキャンすることができます。

また、3D Touchに対応していない「iPhone SE」などを利用している場合は、ホーム画面を上から下にスワイプ、もしくはホーム画面を左から右にスワイプすることで表示されるSpotlightの検索窓に「QR」と入力することで「Chrome」アプリのアイコンと「QRコードをスキャンします」と書かれた項目が表示されるので、それをタップすることでカメラが起動してQRコードやバーコードをスキャンすることができます。

なお、初めて利用する際には「”Chrome”がカメラへのアクセスを求めています」と表示されますが、「OK」をタップすることでスキャン画面に移行することができます。

間違って「許可しない」をタップしてしまった場合は、設定アプリの「プライバシー > カメラ」にある「Chrome」の項目をオンにすることでスキャンを利用することが出来るようになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク