Apple、iOS向け動画編集アプリ「Clips」をアップデート – ライブタイトルの編集など一部の機能が改善

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが、iPhone・iPad向け動画編集アプリ「Clips」をアップデートし、再生中、一時停止中にライブタイトルが編集可能になるなど一部の機能を改善した「Clips 1.0.1」をリリースしています。

スポンサーリンク

Appleの動画編集アプリ「Clips」がアップデート

「Clips」は面白いビデオクリップを手軽に作成して友人や家族と共有するためのアプリ。写真と動画にアニメーションや吹き出しなどを付けることができる他、話すだけで自動的に作成されるキャプションなどが特徴で、数回タップするだけで誰でも簡単にビデオメッセージを作成して共有することが出来ます。

Clips 1.0.1」でのアップデート内容は下記の通りで、今回のアップデートでは3つの機能に改善が加えられています。

スポンサーリンク

Clips 1.0.1 の新機能

・再生中または一時停止中にライブタイトルのテキストをタップして編集できます
・複数のメッセージアドレスが登録された連絡先へ共有する場合は、最も使用されるアドレスが提示されます
・ビデオクリップを録画するときと、複数のポスターが追加されたビデオを共有するときの安定性と信頼性が向上しました

なお、「Clips」ではビデオの長さに合わせて自動的に調整される音楽を付け加えることもでき、作成したビデオクリップはTwitter、Instagram、Facebook、YouTubeで共有することも出来ます。

Clips Clips 1.0.1
価格: 無料 (記事執筆時)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク