その他

DAZN、プロレス団体「WWE」との契約締結を発表 - 日本語実況解説付きで「Raw」と「SmackDown」が配信決定


どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN」が、大人気のプロレス団体「WWE」との契約を締結し、2017年4月11日午前9時よりWWEの看板番組である「Raw」の3時間番組と「SmackDown」の2時間番組を初めて日本語実況解説付きで配信することを発表しています。

SPONSORED LINK

4月5日には中邑真輔がスマックダウンにデビュー



スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN」では、これまでスペインのリーガ・エスパニョーラ、ドイツのブンデスリーガ、MLB、F1、UFCなどが配信されてきましたが、ついにWWEの配信が決定したことで、どこでも熱狂のプロレスWWEを視聴できるようになります。


WWEは昨年「アメトーーク」でも取り上げられたのでご存知の方も多いかもしれませんが、プロレス団体WWEは世界中に多くのファンがいる"プロレス"の一言では片付けることのできないエンターテイメントで、海外ドラマさながらのストーリー展開や、「ジ・アンダーテイカー」や「ストーン・コールド・スティーブ・オースティン」などを筆頭に個性の強いキャラクターが愛情、友情、憎悪を絡み合わせながら織りなす展開が特徴です。

日本のプロレスとは違いストーリー性が非常に強いので、正に実写版のアメコミを見ているかのような熱狂を味わうことができます。

さらに、ファンの方なら周知の事実ですが、日本でも人気のあった中邑真輔がスマックダウンデビューをし、メインロースターに昇格しているので日本人も大盛り上がりの状況での「DAZN」での配信決定ということで嬉しい方も多いのではないでしょうか。

個人的にも日本にいるときから中邑真輔が大好きだったので、これからは「DAZN」で気軽にWWEを視聴することが出来るようになるということで楽しみです。


今回の「DAZN」との契約締結について、WWEのエグゼクティブ・バイスプレジデント、インターナショナルであるエド・ウェルズ氏は「DAZNという新たなパートナーはこれまでリーチできなかった日本のファンの皆様に繋がることを可能とします。WWEファンの方々は好きなデバイスを自由に選択して、中邑真輔のWWEでの活躍をどこからでも応援することができます。」とコメントしています。

また、看板番組である「Raw」と「SmackDown」以外にも、ハイライト番組「WWE Experience」「WWE Bottomline」「WWE This Week」の配信も決定していて、放送開始日は後日発表予定となっていますが、熱狂のエンターテイメント「WWE」をテレビ、スマホ、タブレット、ゲーム機など様々なデバイスから視聴することができようになります。

なお、DAZNは先日リリースした「DAZN 1.23.0」でChromecastにも対応しているので、外出先ではスマホやタブレット、家の中ではChromecastを使ってテレビの大画面で視聴することもできます。

前述の通り、まずは2017年4月11日午前9時から「Raw」の3時間番組と「SmackDown」の2時間番組が日本語実況解説付きで配信されるとのことなので、ファンの方は絶対に見逃さないようにしましょう。

DAZN DAZN 1.23.0
価格: 無料 (記事執筆時)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SPONSORED LINK(PC)

SPONSORED LINK

楽天ウィジェット(PC)

-その他
-,