NTTドコモ、月額料金を一律1,500円値下げへ

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

NTTドコモが、KDDIとソフトバンクが提供する割安料金プランに対抗するため、特定の端末を新しく購入したユーザーを対象に、月額の通信料金を一律1,500円値下げすることがNHKニュースによって明らかになりました。

これにより、特定の端末を新規に購入した場合、データ通信量の上限が2GBの個人向けプランが月額4,000円で利用することが出来るようになります。

スポンサーリンク

値下げ対象となる新型スマホ2機種を来月発売へ

関係者によると、ドコモは来月6月に月額料金の値下げ対象となる新型スマートフォン2機種を発売。この新型スマホを購入したユーザーを対象に新しい料金プランを発表する予定で、個人向けや家族向けなどすべての料金プランで、月額の通信料金の一律1,500円の値下げを実施するとのこと。

前述の通り、この新プランによってデータ通信量の上限が2GBの個人向けプランが月額4,000円で利用することが出来るようになるそうで、来月発売される新型スマートフォン2機種は2万円台~3万円台で、一部の機能を簡略化し、主に格安スマホで利用されている機種と同等の機能になるそうです。

さらに、現在提供されている2年間限定で利用できる割引料金の料金体系に関しても、長期に契約しているユーザーが不利だという批判を受けて新プランでは廃止されるようです。

ただ、すでに端末代金が割り引かれている「iPhone」などは値下げの対象にはならないそうで、先月報じられた5月24日に月額料金が700円程安い新プランを発表の新プランと、今回の新プランが同じものなのか、別のものなのかは今のところ不明となっています。

どちらにせよ、新プランの詳細は本日5月24日12時から開催される2017夏 新サービス・新商品発表会で発表されると思うので、もう間もなく詳細が明らかになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク