NTTドコモ、パフォームグループと提携しスポーツ中継に参入へ! – 契約者には「DAZN」の料金を大幅に割引

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

NHKニュースによると、NTTドコモが、巨額の資金でJリーグの放映権を獲得したイギリスの動画配信大手パフォームグループと近く提携し、スポーツ中継の分野に参入する方針を固めたことが明らかになりました。

スポンサーリンク

ドコモユーザーには「DAZN」の料金を大幅に割引

ドコモが提携するパフォームグループは、アメリカの「メジャーリーグ」やドイツの「ブンデスリーガ」などの放映権を持ち、スポーツライブストリーミングサービス「DAZN」を運営する動画配信大手で、総額およそ2,100億円で日本のプロサッカーリーグである「Jリーグ」の今シーズンから10年間の放映権も獲得しており、J1からJ3までのリーグ戦全試合をインターネットで中継することが予定されています。

また、両社が提携することでドコモユーザーに対して、月額1,750円(税抜)で提供されている「DAZN」のサービスを大幅に割り引いて提供することが出来るようになるそうで、国内外およそ130種類のスポーツの試合を視聴することが出来るとのこと。

なお、ドコモとしては、スマートフォンの契約者数が伸び悩み、取り巻く環境が厳しくなる中で、契約者を囲い込む狙いがあるそうで、パフォームはドコモの利用者を通じて加入者を広げる狙いがあるものとみられています。

スポーツ中継といえば、ソフトバンクが、同社が運営する「スポナビライブ」で、通常3,000円(3月まで1,500円)の利用料を、ソフトバンクユーザーに限り月額500円に値下げして提供していますが、利用料金の見直しなどを含め、各キャリア間で顧客を囲い込むための競争が激化してきそうです。

DAZN DAZN 1.8.1
価格: 無料 (記事執筆時)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク