ドン・キホーテ、プライベートブランドで市場最安値に挑戦した「50V型 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ」が5万4800円で6月15日より発売

どうも!Hi-ブリッジmax(@Hi_B_max)デス!

株式会社ドン・キホーテが、同社のプライベートブランドである「情熱価格PLUS」の新商品として50V型4K液晶テレビが市場最安値に挑戦した価格で6月15日より発売します。

SPONSORED LINK

市場最安値挑戦価格は54,800円

このたび発売される「50V型 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ(LE-5050TS4K-BK)」はフルHDの4倍の解像度(水平3,840×垂直2,160画素)の4K高精細パネルを搭載しており、50V型の大画面で美しい映像を映しだします。

メインボード部分には東芝映像ソリューション株式会社が開発したものを使用しており、ゲーム機などを接続してプレイする際も、高画質処理を行いつつ遅延時間を抑える事ができ、素早い入力がカギとなるFPSや格闘ゲームなどとの相性が良さそうです。HDMIケーブルでARC対応(オーディオ・リターン・チャンネル)のホームシアターに接続することで、ダイナミックで迫力のある音質で映像を楽しむ事ができます。バックライトには直下型LEDバックライトを採用。

接続端子には以下のものが備わっています。
・地上デジタル入力端子×1
・BS・110度CSデジタル入力端子×1
・HDMI端子×3(HDMI1:1.4、HDMI2:1.3a、HDMI3:2.0)
・RCA入力端子×1
・ヘッドホン/イヤホン出力端子×1
・光デジタル音声出力端子×1
・LAN端子(RJ45、for data broadcasting only)×1
 ・USB端子×1(録画用)

そして付属品にはスタンド×2、リモコン、リモコン用電池、取扱説明書、miniB-CASカードが同梱。

国内大手家電メーカーでは、同サイズの4Kテレビで10万を超える価格で普及しており、海外メーカーの安価なものでも6万円台となっていますが、こちらの製品は市場最安値に挑戦しており、54,800円(税別)という驚安の殿堂ならではの企業の情熱を感じる価格となっています。
発売日は前述の通り、6月15日となっており安価で大きくて美麗な映像を楽しみたい方にはうってつけの4Kテレビとなっていますので、気になる方は是非チェックされてみてはいかがでしょうか。

プレスリリース-PR TIMES

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク