スマホ版「どうぶつの森」は2017年内にリリースーー米任天堂のレジー社長が明かす

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

任天堂は、今年1月に当初2017年3月までにリリースすること予定していたスマホ版「どうぶつの森」のリリース時期を“2017年度中”にまで延期したことを発表し、配信が開始されるのは2018年になる可能性もあるとみられていました。

しかし、米任天堂 (Nintendo of America) の社長兼最高執行責任者兼任天堂本社執行役員であるレジナルド・フィサメィ氏がWaypointのインタビューに答え、スマホ版「どうぶつの森」は2017年内のリリースを予定していることを明かしました。

スポンサーリンク

任天堂がスマホ版「どうぶつの森」を2017年内にもリリースへ

任天堂は「E3 2017」のプレゼンでニンテンドースイッチ向けタイトルの「メトロイドプライム4」や「スーパーマリオ オデッセイ」などを発表しましたが、今回のインタビューではE3内でスマホアプリに関する発表が一切なかったことについてコメント。

米任天堂 (Nintendo of America) の社長であるレジナルド・フィサメィ氏によると、任天堂が「E3 2017」に合わせて本日開催したプレゼンテーション「Nintendo Spotlight: E3 2017」は主にニンテンドースイッチに焦点を当てていて、その場でスマホアプリに言及するのはふさわしくなかったからだとのこと。

また、スマホアプリの開発も継続して続けているともコメントしていて、スマホ版「どうぶつの森」は2017年内にリリース予定であることも明らかにしています。

スマホ版「ゼルダの伝説」やポケモンカードゲームもリリース予定

任天堂はすでにスマホ向けアプリとして「Miitomo(ミートモ)」「Super Mario Run(スーパーマリオラン)」「ファイアーエムブレム ヒーローズ」をリリース。

今後はスマホ版「どうぶつの森」の他にも、スマホ向けの「ゼルダの伝説」シリーズポケモンの新しいカードゲームアプリも配信予定と報じられていて、任天堂の君島達己社長は今後もスマホ向けゲームアプリを年に2〜3本は作り続ける方針であることを明らかにしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク