iOS向け「Dropbox」がアップデートでテキスト編集や自動キャプチャに対応

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Dropboxが、iOS向けの公式アプリをアップデートし、テキストファイルの直接編集機能やドキュメントの自動キャプチャ機能に対応した「Dropbox 54.2」をApp Storeでリリースしました。

スポンサーリンク

Dropbox上のテキストファイルがiOSアプリからも直接編集できるように

本日リリースされた「Dropbox 54.2」へのアップデートをインストールすると、iOSアプリからDropbox上に保存されたテキストファイルを直接編集することができるようになります。

これまでのiOS向け「Dropbox」公式アプリでは、保存したテキストファイルに間違いを見つけても編集することはできませんでしたが、アップデート後は画面の左下にテキストファイルの編集アイコンが表示されるように。

この編集アイコンをタップすることで編集モードに移行し、テキストファイルを直接編集してDropboxに保存することができます。

また、ドキュメントをカメラでスキャンする際に一定時間ピントが合っていてば自動的にシャッターが切られる「自動キャプチャ」機能も追加されています。

「自動キャプチャ」機能では、ドキュメントにブレずにピントが合っているとシャッターアイコンの周りに青いリングが表示され、一定時間ピントを合わせ続けることで自動的にシャッターが切られるようになっています。

新機能:
・テキストエディタ:アプリから直接テキストファイルを編集できます。.txtファイルを表示中に編集アイコンをクリックします。
・自動キャプチャ:ドキュメントをスキャンする際、自動でフォーカスして写真を撮ります。

前回からの修正:
・他のアプリを使用中でもDropboxファイルを共有できるようになりました

via Dropbox(App Store)

Dropbox Dropbox 54.2
価格: 無料 (記事執筆時)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク