【50%オフ】iOS端末をMacのサブディスプレイにするアプリ「Duet Display」がアップデート記念セール中

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Apple出身のエンジニアチームが開発したiPhone/iPadなどのiOS端末をのサブディスプレイにするアプリ「Duet Display」が、様々な新機能を追加したアップデートを記念して、期間限定で50%オフになるセールを開催しています。

スポンサーリンク

「Duet Pro」に筆圧曲線機能や新しいジェスチャーが追加

Duet Display」は、iPadやiPhoneをPC/Macの追加ディスプレイとして使用することができるようになるアプリ。PCやMacに遅延が全くないディスプレイを追加することで、エンジニア、ミュージシャン、デザイナーおよびアーティストの生産性を最大48%も向上させることができるとのこと。

今回のセールはアプリのアップデートを記念したもので、アップデートではApp内課金で提供されている「Apple Pencil」と「iPad Pro」をサポートするためのサブスクリプション制度「Duet Pro」に新機能が追加。筆圧曲線機能や新しいジェスチャーがサポートされている他、標準ユーザー向けにも「Touch Bar」の安定性向上のための更新が含まれています。

なお、「Duet Display」の通常価格は2,400円ですが、セール期間の現在は半額の1,200円で配信中。ただし、セール期間の告知がなく、いつ終了してしまうか分からないので、欲しかった方はこの機会をお見逃しなく。対応機種は以下の通り。

iPhone全機種 (iOS 7.0以降)
iPad全機種 (iOS 7.0以降)
Mac全機種 (10.9 Mavericks以降)
PC全機種 (Windows 7以降)

Duetは次のOSに対応しています:
iOS 7.0以降のすべてのiPhoneおよびiPad
10.9(Mavericks)以降のすべてのMac
Windows 7以降のすべてのPC

Duet Proは次のOSに対応しています:
Apple Pencil搭載のすべてのiPad Pro
10.9(Mavericks)以降のすべてのMac
Windows 8.1以降のすべてのPC(64ビット)

ちなみに、「Apple Pencil」と「iPad Pro」を使うためにはApp内課金が必要ですが、iPhoneやiPadをサブディスプレイとして使うだけならアプリを購入するだけでいいので、気になる方は安くなっているこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

「Duet Display」を使用するにはPC/Mac向けのソフトを公式サイトからダウンロードしてインストールし、PC/MacとiPhone/iPadを充電ケーブルで接続する必要があります。

Duet Display Duet Display 1.4.0
価格: ¥1,200 (記事執筆時)

[via 9to5Mac]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク