iOS向けアプリ「駅すぱあと 3.16.0」がリリース – Apple Watch版がリニューアルされ「watchOS 3」に対応

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Val Laboratory Corporationが、老舗の乗換案内サービス「駅すぱあと」のiOS向け公式アプリをアップデートし、Apple Watchアプリをリニューアルした「駅すぱあと 3.16.0」をリリースしています。

SPONSORED LINK

駅すぱあと 3.16.0 の新機能

駅すぱあと 3.16.0」でのアップデート内容は下記の通りで、Apple Watch版がリニューアルされ「watchOS 3」に対応した他、駅すぱあとのコンプリケーションを含む文字盤を選ぶことが出来るようにもなっています。

アップデート内容

Apple Watch アプリのリニューアル
 メニュー画面をなくし、経路からイマココ、タイマーを素早く切り替えられるようになりました。
 また、iPhoneで検索した経路をApple Watchに反映するまでの時間を改善しました。

watchOS 3に対応
 iPhoneのWatchアプリの文字盤ギャラリーから駅すぱあとのコンプリケーションを含む文字盤をお選びいただけるようになりました。
 特大文字盤のコンプリケーションにも対応しています。

・その他、いくつかの不具合を修正しました。

また、Apple Watchに反映される経路は、最後に検索した経路もしくは最後に見たMyクリップとなっていて、経路の到着時刻が現在時刻を過ぎている経路は反映されないとのこと。

なお、今回のアップデートでは、Apple Watchアプリのリニューアルに伴い「watchOS 1」のサポートが終了しているので注意してください。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク