Facebook、公式アプリにカメラ機能を追加し「カメラエフェクト」「ストーリー」「ダイレクト」機能の提供を開始!

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Facebookが、公式アプリ「Facebook」にカメラ機能を追加し、追加機能として「カメラエフェクト」「ストーリー」「ダイレクト」機能の提供を開始することを発表しています。

SPONSORED LINK

各種エフェクトを備えたカメラ機能の提供を開始

Facebookのカメラは、iOS向けおよびAndroid向け公式アプリの左上隅をタップするか、ニュースフィードを右にスワイプすることで起動することができ、追加機能として提供される「カメラエフェクト」「ストーリー」「ダイレクト」の詳細は下記の通りとなっています。

カメラエフェクト

Facebookカメラには、写真や動画に適用することができるマスク、フレーム、インタラクティブフィルタなど多数のエフェクトが搭載されており、リアクティブエフェクトで舞い落ちる雪などのアニメーションを追加したり、スタイルエフェクトで動画にリアルタイムでアーティスティックなフィルタをかけて、いつもの自撮りをピカソ風のアート作品に変えたりすることも可能となっています。

また、マスクについては「怪盗グルーのミニオン大脱走」「エイリアン: コヴェナント」「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」など近日公開の映画とコラボレーションも予定しているそうです。

さらに、ビジュアルアーティストのHattie Stewart氏やDouglas Coupland氏による描き下ろしアートも収録されていて、今後Facebookカメラのクリエイティブエフェクトは定期的に更新するとのこと。

ストーリー

「ストーリー」機能は、Instagramで利用できる「Instagram Stories」と同じように、24時間限定で複数の写真や動画を1つの投稿にまとめてニュースフィード上部にシェアできる機能で、ストーリーに投稿した内容は、他の場所に投稿しなおさないかぎり、タイムラインやニュースフィードに表示されることはないとのこと。

なお、ニュースフィードの上部にあるストーリーバーの”ストーリー”アイコンをタップすることでストーリーをシェアする事ができます。

ダイレクト

「ダイレクト」機能は「ストーリー」で撮影された写真や動画を特定の友達とだけシェアすることの出来る機能で、ダイレクトで写真や動画を送信すると、シェアされた友達は24時間以内であればそのコンテンツを2回まで見ることができるようになっています。

なお、Facebookは今後数か月をかけて、新しいFacebookカメラで撮った写真や動画に適用できるフレームやエフェクトを利用者が自作できる機能を追加していく予定とのことです。

Facebookカメラ機能を提供開始、広がるシェアの手段 – Facebookニュースルーム

Facebook Facebook 85.0
価格: 無料 (記事執筆時)

Facebook – Google Play

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク