「ニンテンドークラシックミニ」を魔改造しゲームボーイの筐体に詰め込んだ猛者が登場!

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

昨年11月に発売され、今もなおその人気から品薄状態が続いている「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」ですが、同ゲーム機を魔改造し、初代ゲームボーイの筐体に詰め込んで携帯型ミニファミコン「FAMICOM POCKET」を制作した猛者が登場しました。

スポンサーリンク

2プレイ用の通信ケーブルも自作

携帯型ミニファミコン「FAMICOM POCKET」は、初代ゲームボーイの筐体に「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」を詰め込んでポータブル化したもので、電源にはモバイルバッテリーの「RAVPower 6700mAh」が使われているとのこと。

また、自作の通信ケーブルを使えば2プレイも可能で、コントローラも厚みが増したことで操作性が向上したそうです。

なお、この「FAMICOM POCKET」を制作した製作者のサイトでは制作秘話や、製作時のトライアンドエラーなどが解説されているので、興味のある方はこの機会に是非ご覧ください。

携帯型ミニファミコンを制作(FAMICOM POCKET) – KEI STUDIO サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク