FGO、どこか懐かしい対戦型アナログゲーム「フェイトグランドオーダー サモンペンシルサーヴァント」のティザーサイトが公開

どうも、Hi-ブリッジmax(@Hi_B_max)デス!

ANIPLEXが、スマホのソーシャルゲームアプリ「Fate/Grand Order」を題材にした鉛筆を転がして雌雄を決する対戦型アナログゲーム「フェイトグランドオーダー サモンペンシルサーヴァント」のティザーサイトを公開しました。

スポンサーリンク

大人たちは既にワクワクしていると思う

ANIPLEXが、ソーシャルゲームとは思えないクオリティのシナリオとキャラクターでプレイヤーを虜にするTYPE-MOONが贈るゲームアプリ「Fate/Grand Order」を題材に、どこか懐かしい対戦型アナログゲーム「フェイトグランドオーダー サモンペンシルサーヴァント」のティザーサイトが公開しました。

英霊たちが鉛筆に?そういえば、ドラクエやポケモンのモンスターが鉛筆に描かれていてそれを転がして友だちと戦う遊びが筆者が幼い時に流行った覚えがあります。

6面の鉛筆を転がして遊ぶ、対戦型アナログゲームが登場。これはもうアレしか連想できるものがありません。

そう、玩具なのに文房具と使用できる事から脱法鉛筆と呼ばれた「バトエン」です。鉛筆に装備の表記がされたキャップとかをつけて戦った記憶があります。フェイトグランドオーダー サモンペンシルサーヴァントでは、補助カードとして登場する「概念礼装」がキャップとして登場するかもしれませんね。FGOといえば、キャラ愛溢れる作品でもありますので、これは大人たちが大人の力(課金力)を用いて、収集がはじまる予感がします。2017年に始動という事なので、FGOをプレイしているバトエン世代の方は、どういったものになるか気になる所ですよね。文房具玩具の再ブームの火付け役になるか見所です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク