がぶ飲み×板垣恵介がコラボレーション、かなりパネェ桃太郎と鬼を描き下ろし-パネェ日本昔話の第一弾も公開

どうも!Hi-ブリッジmax(@Hi_B_max)デス!

ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社が、同社の飲料「がぶ飲み」シリーズの強化月間を7月1日からスタートし、そちらを記念して、週刊少年チャンピオンで連載している「刃牙」シリーズでおなじみの板垣恵介先生と驚愕の初のコラボレーションを実施。

スポンサーリンク

パネェ日本昔話のキャラクターを描き下ろし

「がぶ飲み」と板垣恵介先生という異色のコラボレーションが展開されるこちらの強化月間、現在は期間限定で公式サイトにて板垣恵介先生のイラストが公開されており、一部店舗では、その限定描き下ろしポスターを掲出するとのこと。

板垣恵介先生が特別に描き下ろしたのは「がぶ飲み」が実施しているキャンペーン「パネェ日本昔話」の新キャラクターの「桃太郎」とその宿敵「」。

刃牙シリーズでもクセの強いキャラクターを数多く見ますが、こちらの桃太郎もなかなかのオーラを放っており、手に持った「がぶ飲みメロンクリームソーダ」を飲み干す頃には、なにかとてつもないファイトが始まりそうな予感がします。

こちらの「」もかなりパネェ仕上がりで「がぶ飲みコーラフロート」が良く似合っていて、その姿はまさしくオーガそのものです。

刃牙シリーズでは宮本武蔵が登場した事もありますし、こちらの桃太郎や鬼もそのうち本当に登場しても特に違和感は無さそうです。

そして現在、人気漫画家の手によって日本昔話がエクストリームなパロディ作品となった「パネェ日本昔話」の第1弾が公開されており、栗原正尚先生の「かぐや姫」や、中川ホメオパシー先生が手がける「びわ弾きの芳一」など全4作品が2018年2月28日まで楽しむ事ができ、がぶ飲み商品(ミルクコーヒー・メロンクリームソーダ・コーラフロート・ブルーハワイソーダ)に付いているQRコードから、それぞれの昔話にアクセスする事でパネェ物語を最後まで読む事が可能ですので、がぶ飲み片手にパネェ日本昔話を読んで一息つくのも良いかもしれません。

プレスリリース(@Press)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク