スペックでは「Galaxy S8」に差をつけられた「iPhone 7 Plus」がスピードテストでは圧勝

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日発売されたばかりのSamsung「Galaxy S8」は、スペック上ではAppleの「iPhone 7 Plus」を圧倒していますが、我々ユーザーが本当に知りたいのは実際の動作スピードですよね。

そこで実際に「Galaxy S8」と「iPhone 7 Plus」スピードテストを行った動画をご紹介したいと思います。果たして結果はどうなったのでしょうか。

SPONSORED LINK

「iPhone 7 Plus」が大差をつけて勝利

今回の「Galaxy S8」と「iPhone 7 Plus」のスピードテスト動画を公開したのはEverythingAppleProで、スペック上では2.35GHzコア×4/1.9GHzコア×4/4GBRAMの「Galaxy S8」に対し、2.35GHzコア×2/?GHzコア×2/3GBRAMの「iPhone 7 Plus」と圧倒的な差がありますが、スピードテストでは驚きの結果が出ています。

アプリを順番に起動していくテストでは序盤こそ均衡した勝負でしたが徐々に「Galaxy S8」に遅れが見え始め、デバイスの起動時間テストでも「iPhone 7 Plus」が大差をつけて勝利しています。

ベンチマークテストではシングルコアスコアでこそ「iPhone 7 Plus」が圧倒していますが、マルチコアスコアでは「Galaxy S8」が僅差ではあるものの高い数値を叩き出しています。

それなのにもかかわらずスピードテストでは「iPhone 7 Plus」が「Galaxy S8」を上回っているというのには、Appleが予てから実践しているソフトとハードを1社で完結させるという理念が結果として表れているのかもしれませんね。

また、EverythingAppleProは「Galaxy S8」と「iPhone 7 Plus」のカメラテストを比較した動画など、様々な比較動画を公開しているので、気になる方は是非一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

EverythingApplePro – YouTube

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク