Google、日本語に対応した「Google アシスタント」の提供を開始

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日、Googleはアメリカのカリフォルニア州で開催した開発者向けのイベント「Google I/O 2017」で、日本語にも対応する予定のiPhone向け「Google アシスタント」を発表

日本語に対応した「Google アシスタント」を利用するためには今年の夏まで待たなければならない予定でしたが、本日、Googleが日本語版「Google アシスタント」をAndroid搭載スマートフォン向けにリリースしたことを発表しました。

これにより、Android搭載スマホを使っているユーザーであれば早ければ今日からでも日本語に対応した「Google アシスタント」が使えるようになります。

SPONSORED LINK

本日より順次全てのAndroidスマートフォンに標準搭載へ

本日から日本語版の提供が開始される「Google アシスタント」は、知りたいことを調べたり、やりたい事をサポートするAIを搭載した対話型の音声アシスタントで、人間と会話するような自然言語を理解しているだけではなく、話しかけたユーザーの状況や、話した内容の文脈を理解して適切な会話を返してくれるのも大きな特徴。

「Google アシスタント」を使えば煩わしい操作をすることなくタイマーやアラームを設定したり、Googleフォトの写真を検索して探すことが可能。

さらに、音声操作だけでメッセージを送ったり、その場の雰囲気に合った音楽を選んでかけてもらうことも出来ます。

また、自分の名前や好きな食べ物などのパーソナルデータを覚えさせたり、予定を確認したり、天気を確認したり、目的地への道順や車で言ったほうが早いのか電車で行ったほうが早いのかを教えてもらうことも可能となっています。

ちなみに、この「Google アシスタント」を起動する方法は非常に簡単。スマートフォンのホームボタンを長押しするか、「OK,Google」とスマホに向かって話しかけるだけ。たったそれだけで「Google アシスタント」が起動し、自分のやりたい様々なことをサポートしてもらうことが出来ます。

なお、日本語版の「Google アシスタント」は「Android 7.0 Nougat」と「Android 6.0 Marshmallow」に対応し、「Google Play ストア」を搭載する全てのAndroidスマートフォンで利用可能で、本日から提供が開始され、今後、数週間をかけて自動的にAndroidスマートフォンに標準搭載され自動的に利用できるようになるとのこと。

同時に「Google アシスタント」の使い方や出来ることを紹介する公式サイトも公開。ヘルプページも用意されているので同機能を利用する前にコチラから機能などをチェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク