Google、iOS向け「Google カレンダー」アプリをアップデート – iPadに対応しユニバーサルアプリ化

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Googleが、iOS向け「Google カレンダー」アプリをアップデートし、iPadに対応した「Google カレンダー 2.0.0」をApp Storeでリリースしています。

SPONSORED LINK

Google カレンダー 2.0.0 の新機能

Google カレンダー 2.0.0」でのアップデート内容は下記の通りで、これまでiPhoneのみに対応していた同アプリですが、今回のアップデートでユニバーサルアプリ化されiPadに対応しています。

「Google カレンダー 2.0.0」アップデート内容

・iPad 向けに最適化。

なお、「Google カレンダー」アプリの主な機能は下記の通りとなっていますので、Googleカレンダーを利用しているiPadユーザーの方はこの機会に是非どうぞ。

・カレンダーの表示形式 – 月ビュー、週ビュー、日ビューの 3 つの表示形式があり、簡単に切り替えることができます。
・Gmail からの予定 – フライト、ホテル、コンサート、レストランの予約などが自動的にカレンダーに追加されます。
・To-Do リスト – リマインダー機能を使うと、予定と一緒に To-Do リストを作成、閲覧できます。
・ゴール – 「週 3 回走る」などの自分だけのゴールを追加すると、カレンダー上の都合の良い日時にその予定が自動的に作成されます。
・予定作成時の候補表示 – 予定のタイトル、場所、参加者の候補表示機能で、予定を簡単に作成できます。
・すべてのカレンダーを 1 か所で簡単に管理 – Google カレンダーは、お使いの端末のすべてのカレンダー(Exchange と iCloud を含む)に対応しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP