Googleのスマートスピーカー「Google Home」が今夏に日本上陸へ – 日本語に対応し「Spotify」などもサポート

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Googleが、本日からアメリカのカリフォルニア州で開催している開発者向けのイベント「Google I/O 2017」で、同社のスマートスピーカー「Google Home」の販売国を拡大し、日本での販売も開始すると発表しています。

スポンサーリンク

ついに日本にもスマートスピーカー「Google Home」が上陸

新たに「Google Home」の販売が開始されるのはカナダ、フランス、ドイツ、オーストラリア、そして日本の5カ国。日本での発売は2017年夏が予定されていて、当たり前ですが日本語にも完全対応。

また、GoogleはBluetooth接続によって、スマホの音楽などを「Google Home」から再生することが出来るようになったことも発表。さらに「Spotify」や「SoundCloud」「Deezer」などにも対応し、これらの音楽ストリーミングサービスを音声コントロールで操作することが出来るようにもなります。

なお、日本での「Google Home」の販売価格は発表されていませんが、アメリカでの販売価格は125ドル(約1万4,000円)程度。すでに販売されている「Google Home」で日本語が利用可能になるのかは不明なので、日本語で「Google Home」を使いたい人は正式に日本で販売されるまで購入は控えたほうがいいでしょう。

ちなみに「Google Home」はスマートスピーカーと呼ばれるホーム家電で、Amazonの「Amazon Echo」シリーズと同じように音声コントロールで様々な命令をして、天気や予定を聞いたり、音楽を再生したり、予定を設定したりすることができるデバイスとなっています。

これまではアメリカのみで販売されてきましたが2017年夏にようやく日本にも上陸。スマートスピーカーがついに日本でも販売されるということで、売れ行き次第ではAmazonAppleなども追随する形で日本でもスマートスピーカーを発売するかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク