Google、ストリートビューで東京駅や新宿駅などの国内主要ターミナル駅構内を公開

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Googleが、Googleストリートビューで東京駅、新宿駅、名古屋駅、京都駅など国内主要ターミナル駅の構内を公開したことを発表しています。

SPONSORED LINK

今後も交通機関のストリートビューを公開予定

本日公開された下記の国内主要ターミナル駅の構内で、車椅子やベビーカーなどに対応した幅広い改札ゲートの位置やエレベーターの場所、さらにプラットフォームの作りなどを確認することが可能で、日本国内の移動をよりわかりやすくするために公開されています。

本日公開の駅

・東京駅(JR東日本)
・新宿駅(JR東日本、京王電鉄、小田急電鉄、東京都交通局大江戸線)
・名古屋駅(JR東海、名古屋鉄道、近畿日本鉄道、名古屋臨海高速鉄道)
・京都駅(JR東海、JR西日本、近畿日本鉄道)

下記は”新宿駅 南口改札”のストリートビューですが、ストリートビュー内を自由に動かすことができ、詳しく駅構内を確認することができるようになっているので、事前にストリートビューで構内を調べておくことで迷うことなくスムーズに改札を通ることが出来るようになります。

なお、公開されたストリートビューはストリートビューギャラリー(日本の空港・駅)から閲覧することが可能で、今後も交通機関のストリートビューを増やしていく予定とのことです。

一度入ったら二度と抜け出せない「現代のダンジョン」とまでいわれ、駅構内が非常に入り組んでいる新宿駅ですが、事前にストリートビューで確認しておくことで無事に抜け出すことができるようになるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP