関西電気保安協会、超クオリティの映画予告風ムービー「GUARDIATOR[ガーディエイター]」が面白い!

スポンサーリンク

どうも!Hi-ブリッジmax(@Hi_B_max)デス!

電気使用安全の普及活動を行っている「関西電気保安協会」が、従来のCMとは一線を画すクオリティの映画予告風ムービー「GUARDIATOR[ガーディエイター]」がYouTubeにて公開されており、一見の価値がある仕上がりとなっています。

スポンサーリンク

電気は正しく安全に

関西圏で古くからCMが放映され、慣れ親しみのある「関西電気保安協会」が、映画予告風のムービー「GUARDIATOR[ガーディエイター]」を公開しており、関西弁が全開のいつもの笑いを呼ぶCMとは一線を画す出来となっています。

関西の街を背景に突然現れた「電気の怪人」。その正体は電気技師で研究にのめりこみ、自身の体を人間発電機(もはや人間ではない)に改造し、凶暴な人格へと変貌を遂げ、街を大混乱に陥れ、安全を取り戻す為、関西電気保安協会の8人の職員とそのチームのマスコットキャラクター「ホアンくん」が立ち上がるというアメコミに溶け込んでも遜色のないストーリーとなっています。

「ホアンくん」の黒幕オーラが凄く、外見だけでいうと電気の怪人より怖いです。本編を製作したら一体どういう内容になるか気になる所ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク