ホンダの原付レジャーバイク「モンキー」の50年の歴史に相応しい最終モデルが発売に

どうも!Hi-ブリッジmax(@Hi_B_max)です。

ホンダが50cc原付バイク「モンキー」の発売50周年を記念した最終モデルである「モンキー・50周年スペシャル」の商談受付を2017年7月21日より開始する事が発表されました。

スポンサーリンク

500台の限定生産

1967年に日本国内向けに最初のモデルとしてZ50M型が発売され、以降数多くのモデルチェンジを経てその可愛らしいルックスと取り回しの良さ、カスタムの幅の広さから多くの方に愛されてきた名車「モンキー」ですが、2017年8月末をもって生産終了となり、長き歴史に幕が下ろされます。

最終モデルである「モンキー・50周年スペシャル」では、スチール製の前後フェンダーに燃料タンク、ヘッドライトケース、サイドカバーには仕上げの美しさを追求したクロームメッキ処理が施されています。

フロントフォークやスイングアーム、ショックアブソーバーにホイールなどの足回り部分は黒の塗装で足元を引き締めて、グレーを基調としたモノトーン仕様のチェック柄シートがシックな雰囲気を演出。

さらに、タンクバッジの復刻デザインのホンダウイングのマーク、サイドカバーには50周年記念の立体エンブレム、燃料タンク上部とシート後部、メインキーの50周年記念ロゴなど、生誕50周年を記念した特別な装いとなっているので、カスタムせずに純正の仕様そのままで楽しみたいですね。

本モデルは2017年7月21日からオーダーエントリーの受付を開始し、期間は2017年8月21日迄500台の台数限定生産で価格は432.000円(税込)となっています。

限定台数を上回る申込みがあった場合は公開抽選が予定されており、実施概要を別途専用サイトにて案内される予定。

長きにわたる歴史の最期を飾るに相応しい限定モデルですので、50ccのバイクを検討されている方は是非ともこちらのモンキーのオーナーになってみてはいかがでしょうか。

プレスリリース(HONDA)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク