Apple、新型「iMac」の生産を2017年5月から開始か!? – Xeonを搭載したハイエンドモデルの情報も

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日の記事で、Appleの幹部が一部のジャーナリストに向けて、2017年内に新型「iMac」をリリースすることを発表したとお伝えしましたが、DIGITIMESは、台湾のサプライチェーンメーカーからの情報として、Appleは新型「iMac」の生産を2017年5月から開始するようだと報じています。

SPONSORED LINK

Xeonを搭載したハイエンドモデルも登場か

2017年内に発表される新型「iMac」には、通常モデルとサーバーグレードのハイエンドモデルの2つがラインナップされるそうで、両モデルともに生産はQuanta Computerが請け負い、通常モデルは2017年第3四半期に出荷が開始されるとのこと。

このサーバーグレードのハイエンドモデルは、Microsoftの「Surface Studio」に対抗するモデルとなり、Intelの「Xeon E3-1285 v6」プロセッサ、16〜64GBのECC RAM、最大2TBのNVMe SSD、最新のディスクリートGPUが搭載されるそうですが、発売は少し遅れて2017年末になるそうです。

なお、以前の情報でも「Xeon E3-1285 v6」プロセッサが搭載され、RAMは16GBのECCメモリで最大32GBまたは64GBまでカスタマイズ可能になると報じられていたので、情報通りのハイエンドモデルが発表されれば、これまでにないかなり高性能な「iMac」となりそうですね。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク