Apple、Intelの第7世代プロセッサ”KabyLake”を搭載した新型「iMac」を発表

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが、日本時間の本日早朝からカリフォルニア州サンノゼの「McEnery Convention Center」で開催していた「WWDC 2017」の基調講演で、Intelの第7世代プロセッサ”KabyLake”を搭載した新型「iMac」を発表しました。

「iMac (2017)」はIntelの第7世代プロセッサ”KabyLake”を搭載している他、27インチモデルで最大64GB、21.5インチモデルで最大32GBのメモリを搭載することが可能。

また、27インチモデルにはFusion Driveが標準搭載。最大50%高速化された最大2TBまでのSSDを選択することができます。

さらに、27インチの5Kモデルには「Radeon Pro 570/576/580」が、21.5インチの4Kモデルには「Radeon Pro 555/560」が、21.5インチの通常モデルは「Intel Iris Plus 640」が搭載されています。

なお、価格は以下の通りで、すでに販売が開始されています。

iMac 21.5インチモデル

モデル名 ディスプレイ解像度 価格
21.5インチ「iMac」
2.3GHzプロセッサ
フルHD
(1,920 x 1,080ピクセル)
120,800円
21.5インチ「iMac」
3.0GHzプロセッサ
Retina 4K
(4,096 x 2,304ピクセル)
142,800円
21.5インチ「iMac」
3.4GHzプロセッサ
Retina 4K
(4,096 x 2,304ピクセル)
164,800円

iMac 27インチモデル

モデル名 ディスプレイ解像度 価格
27インチ「iMac」
3.4GHzプロセッサ
Retina 5K
(5,120 x 2,880ピクセル)
198,800円
27インチ「iMac」
3.5GHzプロセッサ
Retina 5K
(5,120 x 2,880ピクセル)
220,800円
27インチ「iMac」
3.8GHzプロセッサ
Retina 5K
(5,120 x 2,880ピクセル)
253,800円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク