「iOS 10.3」で無効化していたiCloudサービスが予期せず有効化される不具合が発生

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが先日リリースした「iOS 10.3」でiCloudに関する不具合が発生しています。

MacRumorsによると、Appleは、一部のユーザーに対し「iOS 10.3」で無効化していた「iCloud」の一部サービスが予期せぬ内に有効化される不具合が発生しているという内容のメールを送っていることが明らかになりました。

SPONSORED LINK

少数ではあるもののメールでユーザーに警告

Appleが一部のユーザーに送っているメールの内容は下記の通りで、メールを受け取ったユーザーは「iCloud」の一部サービスが勝手に有効化されている可能性があるので設定を見直す必要があります。

ソフトウェアアップデート「iOS 10.3」で、少数のiCloudユーザーに影響を与えるバグを発見しました。以前お使いのデバイス上で無効になっていたいくつかのiCloudサービスが再度有効になっている可能性があります。

使用したいサービスのみが有効になっていることを確認するためにあなたのiOSデバイス上でiCloudの設定に行くことをお勧めします。
お使いのiCloud設定の管理方法や、AppleCareへのお問い合わせについてはこちらをご参照ください。

iCloudチーム

どうやらこの不具合は3月28日にリリースされた「iOS 10.3」でのみ発生しているようで、「iOS 10.3」を飛ばして先日リリースされた「iOS 10.3.1」をインストールした場合には発生していないとのこと。

なお、iOSデバイス上で「iCloud」の設定を確認するには「設定」アプリの一番上にあるユーザー情報をタップし、次に「iCloud」をタップすることで有効化/無効化されているサービスを確認することが出来るので、一度でも「iOS 10.3」をインストールした方はiOSデバイス上で「iCloud」の設定を確認してみてください。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク