【Apple】「iOS 10」ではRAW写真の撮影に対応!【新機能】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

TechCrunch Japanが、昨日発表された「iOS 10」ではRAW写真の撮影に対応していると報じています。

「RAW」は画像を元のままの形式で保存するファイルタイプのことで、圧縮や前処理などを施さないため、多くのデータを扱えるので、後処理で編集の自由度が高くなります。

「WWDC 2016」の基調講演では言及されなかったものの、ワークショップでその機能が確認され、下記のような詳細の一部も公開されたとのこと。

・サードパーティーデベロッパーはRAW写真を撮影、保存することができるようになるが、そのためにはアプリへの機能追加が必要 ― iOS 10にアップデートすると直ちに全アプリで使えるようになるわけではない
・利用できるのは背面カメラのみ
・多くのデジタル一眼と同じく、iOSもRAWとJPEGを同時に処理できる
・iPhone 6s、6s Plus、SE、および9.7インチiPadで動作するアプリで利用できる
・RAW写真は、AdobeのDigital Native(DNG)ファイル形式で保存される

なお、純正のカメラアプリがRAW形式に対応するかどうかについては何も発表されていません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク