「iOS 11」の自動セットアップ機能を動画で確認!iPhone/iPadの設定を自動で引き継ぎ

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが「WWDC 2017」の基調講演で発表した「iOS 11」には、新機能として新しく購入したiPhoneまたはiPadを、これまで使っていたiOSデバイスかMacに近づけるだけで個人設定や環境設定を引き継がせることが出来る「自動セットアップ」機能が搭載されています。

MacRumorsは、この「自動セットアップ」機能を実際に試してみたハンズオン動画を公開しているので早速チェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

「iOS 11」では「自動セットアップ」機能を使うことで新しいiPhoneやiPadへの移行が格段に簡単に

「iOS 11」で搭載される新機能「自動セットアップ」機能は、新しく購入したiPhoneまたはiPadを、これまで使っていたiOSデバイスに近づけるだけで、Apple IDやWi-Fi設定などほとんどの個人設定や環境設定、さらにiCloudキーチェーンのパスワードを簡単に同期することのできる機能。

同機能には「Apple TV」や「AirPods」のセットアップと同じシステムが使われていて、「iOS 11」を搭載した利用中のiOS端末の近くに「iOS 11」を搭載した新しいiOS端末があると、自動で認識して設定を転送する案内が表示されます。

新しいiPhone/iPadには「Apple Watch」アニメーションのようなペアリング画像が表示され、その画像を現在利用中のiPhoneやiPadで読み取ることでペアリングが完了。

この時にパスコードの入力が求められ、入力したパスコードは新しいiPhone/iPadのパスコードとしても設定される仕組みになっています。

パスコード入力後は、Touch ID、アプリやアプリの設定、Apple Pay、Siriなどを任意で設定すれば、データの移行が終了。これまでは毎回MacやPCに接続してバックアップを取って全てのデータを転送する必要がありましたが、「iOS 11」以降は新しいiOS端末と利用中のiOS端末さえあれば誰でも簡単にデータを移行することが出来るようになります。

もちろん、従来通りiCloudのバックアップからアプリのデータを復元することもでき、その場合はより早くデータを移行することができます。

これまでのiPhoneはMac/PCを母艦として持っていることが前提の設定でしたが、iCloudでのバックアップや「iOS 11」の「自動セットアップ」機能が登場したことで、もはやiOS端末だけでデータのバックアップや復元や移行を完結できるようになりましたね。

「iOS 11」では様々な新機能が追加されていますが、個人的にはこの「自動セットアップ」機能が地味に楽しみな機能でもあります。

なお、「自動セットアップ」機能などが搭載された「iOS 11」は現時点では開発者向けにベータ版がリリースされている状態で、一般ユーザーが利用可能になるのは今年の秋が予定されています。ますますiPhoneやiPadが便利になりそうなので正式なリリースが楽しみですね。

【関連記事】
「iOS 11」で利用可能!知っておくべきApple純正ファイラーアプリ「Files」の10の機能
「iOS 11 beta」ではiPhoneでもドラッグ&ドロップ機能が利用可能
「iOS 11 beta」と「iOS 10.3.2」のスピード対決 – 「iOS 11」は全体的にモッサリ?
「iOS 11」には「ダークモード」が搭載されていることが判明 – 現時点では期待はずれの新機能
「iOS 11」の100を超える新機能や変更点をまとめて紹介する動画
「WWDC 2017」では発表されなかった「iOS 11」の新機能・変更点まとめ
「iOS 11」では32bitアプリのサポートが終了 – 将来的には「macOS」でも32bitアプリのサポートを終了へ
Apple、iOSの最新バージョン「iOS 11」を正式に発表 – 32bitデバイスのサポートが終了

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク