「iOS 11」の最新コンセプト動画が公開 – 洗練されたデザインの「ダークモード」が搭載

2017年6月6日

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

【追記】
現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から開催された「WWDC 2017」の基調講演で「iOS 11」が正式に発表されました。

Appleは現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から「WWDC 2017」を開催予定。この「WWDC 2017」ではiOSの次期バージョン「iOS 11」が発表されるとみられています。

「iOS 11」では新機能として黒を基調としたUIの「ダークモード」が搭載されると予想されていますが、これまで「iPhone 8」のコンセプト動画をいくつも公開しているConceptsiPhoneは、「iOS 11」のリリースが楽しみになるような最新コンセプト動画を公開。洗練されたデザインの「ダークモード」に注目です。

スポンサーリンク

黒ベースでも文字が読みやすい「ダークモード」が搭載

「iOS 11」での採用が噂されている「ダークモード」は、これまでのような白ベースの背景色ではなく、黒ベースの背景色が特徴で暗いところで見ても目が疲れにくいのが特徴。ただ、完全な黒色を背景色にして白い文字を表示すると逆に目が疲れてしまう可能性も。

先日公開された「iOS 11」のコンセプトイメージでも「ダークモード」のデザイン自体は良かったのですが、「メール」アプリや「メッセージ」アプリなどの文字を読むのがメインのアプリはやはり目が疲れてしまう感じがありました。

新たに公開されたコンセプト動画の「ダークモード」では、背景色が完全な黒色ではなく少しグレーがかった色味が特徴。背景色と文字色のコントラストを下げることで目が疲れてしまうのを防いでいます。

ロック画面の通知には半透明のグレーに近い色でブラー(ぼかし)加工が施されています。これによって、背景色と文字色のコントラストが強くなくても文字の視認性は格段にアップ。

また、ロック画面自体のデザインも刷新されていて、左側に天気予報が、右側に時計や日付が表示されるデザインに。

ロック画面を右にスワイプすると表示されるウィジェットも通知と同じくブラー(ぼかし)加工がされた半透明のグレーに近い色が採用。

さらに、コンセプト動画では「ミュージック」アプリにも「ダークモード」が適用されていて、こちらも完全な黒ベースの背景ではなくブラー(ぼかし)加工がされた半透明の背景が特徴。やはり黒ベースのUIはアルバムアートワークが際立ってキレイに見えますね。

なお、この「ダークモード」は「iOS 10」のコード内に記述が見つかっているので、将来的に「iOS」に搭載されることは確実視されていますが現時点ではAppleからの正式な発表はなく、実際に「iOS 11」で搭載されるかは不明となっています。

ただ、最近ではGoogleがYouTubeに「ダークモード」を搭載するなどしており、ユーザーからも「ダークモード」が欲しいという声が挙がってきているので「iOS 11」で搭載される可能性は十分に考えられます。

【関連記事】
「iOS 11」が搭載されたiPadのコンセプト動画が公開 – ドラッグ&ドロップ機能やFinder機能が搭載
「iOS 11」で搭載の噂がある「ダークモード」のコンセプトイメージが公開 – 従来の白ベースのUIとの比較
「iPhone 8」と「iOS 11」の「ダークモード」を組み合わせたコンセプト動画が公開!
「iOS 11」のコンセプト動画が公開! – 噂の「ナイトモード」や「Split View」が搭載

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク