「iOS 11」 の新たなコンセプト動画が公開 – Siriやカメラアプリなどが進化し「ダークモード」も搭載

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleは「WWDC 2017」の基調講演を現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から開催予定。その場では「iOS 11」などを含む各OSの次期バージョンや、新型「iPad Pro」Siriを搭載したスマートスピーカー、さらに新型「Mac」「Magic Keyboard」なども発表されるとみられています。

これらの中で、発表されるのがほぼ確実だと言われているのが「iOS 11」などの各OSなのですが、来週の月曜日に開催される「WWDC 2017」での発表が確実視されている「iOS 11」の最新コンセプト動画が公開されているので早速ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「WWDC 2017」で発表される「iOS 11」はこんな感じか

今回「iOS 11」の最新コンセプト動画を公開したのは、これまでにも「iPhone 8」や「iOS 11」の完成度の高いコンセプト動画を公開しているConceptsiPhoneで、派手な新機能はないものの全体的に上手くまとまっているのが特徴。

まずは、コントロールセンターのデザインが刷新。これまでは一つにまとめて表示されていた「ミュージック」アプリや「HOME」アプリが個別に表示されるように。また、コントロールセンターでオン/オフできるトグルの種類もこれまでより格段に増えています。

「iOS 11」ではSiriもより賢く進化。コントロールセンターからSiriを呼び出すことが出来るようになった他、「最近の写真を見せて」や「リラックスするプレイリストを再生して」などの指示にも対応できるようになっています。

もちろん「カメラ」アプリもこれまで以上に便利に。片手ですべての操作が出来るように、画面の下半分にエフェクトなどの設定が集中。

また、Apple純正の「カメラ」アプリで撮影した写真にサードパーティ製のアプリでエフェクトを付けたり、編集することが可能になっています。

ロック画面の通知は何のアプリの通知かが一目で分かるようにデザインが刷新。さらに、通知を左にスワイプすることで「スヌーズ」と「削除」を選ぶことができ、「スヌーズ」を選んだら何分後に再通知(スヌーズ)を行うかを自由に決めることができます。

予てから「iOS 11」での搭載が噂されている「ダークモード」も搭載されています。ただ、個人的には先日公開された「ダークモード」のコンセプト動画の方が、見やすくてデザイン的には好きですね。

さらに、「WWDC 2017」で新モデルが発表されると予想されている「iPad」向けにも新機能が追加。これまでのようにアプリウィンドウを2つ並べるだけでなく、自由な位置にウィンドウを移動することが可能。

さすがに「iPad」では画面が小さすぎて、Macのような使い勝手の良さは実現できないような気もしますが…どうなんでしょうか。

現在、教育現場向けに提供されている「マルチユーザー」機能が一般向けにも提供。家族で一つの「iPad」を利用していれば、家族ひとりひとりが自分のアカウントでログインして、次の人が使う時は簡単にアカウントを切り替えることが可能に。PCやMacのアカウント切り替え機能がそのまま「iPad」に搭載される感じですね。

これらはあくまでも非公式のコンセプトイメージなので、実際の「iOS 11」にこのような機能が搭載されるかはわからないものの、黒を基調としたUIの「ダークモード」に関してはすでに「iOS 10」のコード内に記述が見つかっているので「iOS 11」で採用されることは確実だと予測されています。

ちなみに、「iOS 11」を含むAppleの各OSの最新バージョンが発表される「WWDC 2017」は現地時間6月5日(日本時間6月6日)から開催予定で、様々な新製品や新OSが発表される基調講演は現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から実施。

当日はAppleの公式サイトなどでライブストリーミング配信が行われ、誰でも基調講演の様子をリアルタイムで視聴することが出来ますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

なお、コンセプト動画では今回紹介した機能の他にも、電話やドックなどのコンセプトも公開されているので、気になる方はそちらもぜひ視聴してみてください。

[via Imgur]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク