2017年に開催される「WWDC 2017」での発表が予想される「iOS 11」のコンセプト動画が公開!

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleは、今年も6月に「WWDC」を開催し、次期「iOS」である「iOS 11」を発表すると予想されていますが、その「iOS 11」の非公式コンセプト動画が早くも公開されています。

スポンサーリンク

「iOS 11」は「watchOS」風のデザインに

この「iOS 11」の非公式コンセプト動画を公開したのは、これまでにもApple製品の非公式コンセプト動画を公開しているYouTubeチャンネル「ConceptsiPhone」で、今回公開された「iOS 11」のコンセプト動画は「watchOS」風のデザインが特徴の近未来風のデザインになっています。

まず、端末の起動画面はホームボタンからレインボーの点が集まり、Appleロゴを形作った後、いつもの白いAppleロゴが画面中央に表示されます。

ホーム画面は「watchOS」風のデザインに変わっており、画面中央には大きく時計が表示。

また、画面中央は簡易版のコントロールセンターにもなっており、ミュージックアプリで再生中の曲名や、再生、停止などの他に、天気を表示することも出来ます。

コントロールセンターは、現在のものと変わらず下から引っ張り出す形ですが、全体的に丸みを帯びており、音量調整バーなども丸形に。正直これは使いにくそう。

さらに、画面中央はSpotlight検索としても使用可能で、例えば「S」と手書きで入力すると「S」から始まるアプリの候補が表示されます。

「S」と「H」を続けて書けば「SH」から始まるアプリの候補が表示。

Siriを呼び出せば、画面中央にSiriのアニメーションが。

通知は画面下に表示され、ホームボタンの横にあるボタンで表示が可能に。

バッテリー残量が少なくなると、画面が自動的にダークモードに移行し、消費電力の少ない黒色の背景になることで、バッテリーを少しでも長持ちさせることが可能。

そして、次期「iPhone」で搭載されると噂されているワイヤレス充電機能を利用して、他の「iPhone」からバッテリーを分けてもらう機能も搭載。

もしも、この機能が搭載されれば、将来的には「iPhone」以外のワイヤレス充電機能が搭載されたiOS端末からバッテリーを分けてもらうことも可能になる可能性も。

なお、今年6月に開催される「WWDC 2017」で次期「iOS 11」が発表されるとみられており、十中八九コンセプト動画通りのデザインにはならないものの、何かしら今回のコンセプト動画のような機能が搭載される可能性もあるので、どうのような「iOS 11」が発表されるのか今から楽しみですね。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク