「iOS 11」のSplit Viewはドラッグ&ドロップ機能をサポートか

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleは現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から「WWDC 2017」の基調講演を開催し、「iOS 11」「macOS 10.13」「tvOS 10」「watchOS 4」などを発表する予定ですが、この「iOS 11」を搭載したiPadの「Split View」ではファイルのドラッグ&ドロップをできるようになるかもしれません。

先程、Appleがフライング気味にiOS用ファイラーアプリ「Files」をApp Storeで公開したことを伝えた@stroughtonsmith氏が、またしても「iOS 11」に関する新情報を伝えています。

スポンサーリンク

ついにiOS端末でもドラッグ&ドロップ機能をサポートか

Steven Troughton-Smith氏によると、現在Appleが一部の開発者向けにリリースしている「Radar(Bug Reporter)」の最新バージョンで、バグレポートオプションに「Split View/Drag and Drop」という項目が追加されていることが判明しました。

「WWDC 2017」が開催される直前のここにきて「iOS 11」に関する新情報が続々と出てきましたね。これは「WWDC 2017」で「iOS 11」が発表されるのは確実だといっても過言ではないかもしれません。

なお、iPadの「Split View」でのドラッグ&ドロップ機能は、ReaddleがiOS用ファイルマネージャーの「Documents」や、PDFエディタ「PDF Expert」で実装しています。

Appleがフライング公開した「iOS 11」で使えるファイラーアプリ「Files」などでドラッグ&ドロップが利用できるようになれば、iPadでのファイル管理がかなり楽になりそうですね。

「iPad Pro」のような”プロ向け”の端末のビジネスシーンでの使い勝手がますます良くなり、これまでよりも活躍の場が広がりそうです。

【関連記事】
「WWDC 2017」開催直前!今年のWWDCで発表される内容を確認
Apple、「iOS 11」以上で利用可能なファイラーアプリ「Files」をApp Storeで公開

[via AAPL Ch.]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク