「iOS 11」が搭載されたiPadのコンセプト動画が公開 – ドラッグ&ドロップ機能やFinder機能が搭載

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

現在、iPhoneやiPad向けに配信されている最新OSは「iOS 10」ですが、Appleは今年6月に開催する「WWDC 2017」で、次期OSの「iOS 11」を発表する見込み。

「iOS 11」では黒を基調としたユーザーインターフェイスの「ダークモード」や刷新された「Apple Music」が搭載されるという情報があるものの、Appleからの正式な発表ではなく、実際どのようなデザインになるのかは現時点では不明。

しかし、MacStoriesは、「iOS 11」ではiPad向けにも様々な新機能が搭載されると予想。ドラッグ&ドロップ機能やFinder機能などの新機能をまとめたコンセプト動画を公開しました。

SPONSORED LINK

「iOS 11」ではiPadもパワーアップ!かゆいところに手が届くように

MacStoriesが公開したコンセプト動画は、iPadに「iOS 11」が搭載されたらこうなるというコンセプト。現状でも便利なSplit Viewが更にパワーアップしている他、各アプリに様々な拡張機能が追加されるなど新機能が盛り沢山。

かなりクオリティの高い仕上がりになっているので、以下から是非チェックしてみてください。

まず、MacStoriesが「iOS 11」で搭載されると予想しているのはドラッグ&ドロップ機能。Split Viewで表示した2つのアプリ間をドラッグ&ドロップで画像や文字を移動させることが出来るように。

ドラッグするには画像や文字を長押しするだけ。後は移動させたい場所で指を離せば簡単に画像や文字を移動させることができます。また、文字を移動させる際には段落ごとまとめて移動させることができるので、1行ずつ何度もドラッグ&ドロップする必要はなし。

さらに、ドラッグ&ドロップでファイルやデータを一時的に保存することが出来る新機能「Shelf」も搭載。下記の画像の画面上部に表示されているのが「Shelf」のスペースで、画像や文字はもちろんのこと、App Storeのアプリを保存して後からメールに貼り付けるといった使い方も可能。

保存したアイテムはいつでも削除することができるので、「Shelf」のスペースがゴチャゴチャになる心配もなし。

次に、Split View時のアプリスイッチャー機能が刷新。新たに「App Picker」という名称になり、アプリアイコンが並ぶデザインがまるでホーム画面のように。

アプリを並び替えることも可能でアプリスイッチャー機能がより便利に。また、「App Picker」の下部スペースには最近まで起動していたアプリが表示されていて、左右にスクロールすることで数個前までのアプリを選択することが可能となっています。

その他にも”プロ向け”の新機能として、まるでMacのような「Finder」機能や複数の音楽や動画を同時に再生することができる「Multiple audio streams」という機能も搭載。

さらに、純正の「メール」アプリでスマートフォルダーが作成できるようにもなる他、「Safari」や「メモ」アプリなどにも新しい拡張機能が追加されています。

公開されたコンセプト動画は派手さはないものの、かなりAppleのデザインに近く、「WWDC 2017」での「iOS 11」の発表が楽しみになる内容になっているので、気になる方は以下の動画をチェックしてみてはいかがでしょうか

ちなみに、今年6月に開催される「WWDC 2017」では「iOS 11」を含む「macOS」「watchOS」「tvOS」など各OSの次期バージョンが発表されるとみられていて、これらが発表される基調講演は現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から開催されることが決定しています。

なお、今年の「WWDC 2017」では各OSなどソフトウェア関連の他にも、Amazonが販売している「Amazon Echo」のライバル製品になるSiriスピーカーや新型「iPad Pro」、さらに「MacBook Pro」や「MacBook Air」を含む「MacBook」シリーズの新型モデルが発表されるとも噂されていますので、気になる方は以下の記事をチェックしてみてください。


[via 9to5Mac]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP