「iOS 11」を搭載した「iPhone 8」のコンセプトイメージが公開

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleは、先日開催した「WWDC 2017」の基調講演で「iOS 11」を一般ユーザー向けに今秋リリースすることを正式に発表。これによって今年9月のスペシャルイベントで発表されると噂されている「iPhone 8」は、ほぼ確実に「iOS 11」を搭載した状態で出荷されるとみられています。

そんな中、iDrop Newsは、「iOS 11」を搭載した「iPhone 8」のコンセプトイメージとともに、「iPhone 8」に関する最新情報を公開しました。

スポンサーリンク

次期「iPhone」の正式名称は「iPhone 8」ではなく「iPhone X」に

今回iDrop Newsが公開した「iPhone 8」の最新情報は以下の通りで、ほとんどはこれまで噂されていた情報を同じですが、次期「iPhone」の正式名称は「iPhone 8」ではなく「iPhone X」になると報じられています。

正式名称は「iPhone X」

これまで、次期「iPhone」の正式名称については数々の予測が浮上。日本ではこれまでのナンバリングに基づき主に「iPhone 8」と呼ばれることが多いですが、iDrop Newsは>次期「iPhone」の正式名称は「iPhone X」になる確信していると報じています。

ちなみに、これまでに予測されている次期「iPhone」の名称は「iPhone 8」「iPhone Edition」「iPhone X」などがあります。

ワイヤレス充電に対応

先日、筐体の背面にワイヤレス充電用のパッドと思われるパーツが搭載された図面が公開されましたが、このパッドは間違いなくワイヤレス充電用のパッドで次期「iPhone」にはワイヤレス充電機能が搭載されるとのこと。

また、このワイヤレス充電を可能にするために、本体背面にはガラス製の筐体が採用されるとしています。

デュアルカメラは縦向きに配置

現行モデルの「iPhone 7 Plus」に搭載されているデュアルカメラは横向きに配置されていますが、次期「iPhone」では縦向きのデュアルカメラが採用。

これは「AR(拡張現実)」のためだそうで、「AR(拡張現実)」用のヘッドセットを使用する際にiPhoneを横向きにセットすることからデュアルカメラの向きが縦向きに変更されるそうです。

3D顔認証カメラを搭載

今年5月にも同様の噂が出ていましたが、次期「iPhone」には顔認証もしくは虹彩認証を使ったセキュリティのために世界初の3D顔認証カメラを搭載するとのこと。

Touch IDは有機ELディスプレイの中に埋め込み

これまでTouch IDの搭載場所については様々な予想が出ていましたが、やはり有機ELディスプレイの内部に埋め込まれると予測されています。

なお、iDrop Newsでは、これらの情報を反映した「iPhone X(iPhone 8)」に「iOS 11」が動作しているイメージを埋め込んだコンセプトイメージが公開されているので、気になる方はぜひ一度チェックしてみてください。

【関連記事】
Foxconnの内部関係者が「iPhone 8」や「Siriスピーカー」さらに「ARグラス」や新型「Mac」に関する内部情報をリーク
3Dプリンターで作成された「iPhone 8」のモックアップが公開
最新のリーク情報を反映した「iPhone 8」と「iPhone 7/7 Plus」や「Galaxy S8」シリーズの比較
Apple、iOSの最新バージョン「iOS 11」を正式に発表 – 32bitデバイスのサポートが終了
「iOS 11」の100を超える新機能や変更点をまとめて紹介する動画

[via 9to5Mac]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク