【iOS 11】「マップ」アプリにVRモードが搭載ーーよりリアルに世界中を散策

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日、Appleは開発者向けに「iOS 11 beta 2」をリリースしましたが、この「iOS 11 beta 2」のApple純正「マップ」アプリには、開発者が自由にAR(拡張現実)アプリを開発することができる「ARKit」を利用した「VRモード」が搭載されていることが分かりました。

「VRモード」は「マップ」アプリ内の「Flyover」機能に追加される形で提供されていて、利用するには「A9」以降のプロセッサを搭載したiPhoneやiPadが必要となっています。

スポンサーリンク

「iOS 11」では「VR(仮想現実)」を利用して世界中を観光

iPhoneやiPadにプリインストールされているApple純正の「マップ」アプリには、対応した世界中の主要都市を3Dビューで上空から眺めて観光名所を散策する事ができる「Flyover」機能が搭載されていますが、「iOS 11」ではよりリアルに名所を散策できる「VRモード」が新たに追加

「iOS 11 beta 2」をインストールしたiPhone/iPadで「マップ」アプリを起動して「3D」マークをタップし、「Flyoverツアー」をタップすることで「VRモード」が開始。

「VRモード」では上空からの3Dビューで世界の都市や観光名所を眺めるだけではなく、iPhoneやiPadの向きに応じてマップも動くようになっているので、実際にiPhoneを持って歩き回ることで、これまでの「Flyover」機能よりもさらにリアルに世界中を観光することができるようになっています。

冒頭でもお伝えした通り「VRモード」を利用するには「A9」以降のプロセッサを搭載したiPhoneやiPadが必要なことから、iPhoneでは「iPhone 6s」シリーズや「iPhone SE」以降、iPadであれば「iPad (2017)」や「iPad Pro」といった比較的最近のデバイスが必要。

まだ、全てのiOSユーザーが利用できるわけではないものの「iOS 11」は今年の秋に一般ユーザー向けにリリースされる予定なので、「iOS 11」をインストールすれば「A9」以降のプロセッサを搭載した端末であれば誰でも「VR(仮想現実)」を体験することができます。

なお、従来の「Flyoverツアー」は別に用意されるボタンをタップすれば引き続き利用することができるそうで、映画の中だけの世界だと思っていた「VR(仮想現実)」を実際に体験できる日はすぐそこまで近づいてきているようですね。

[via iDownloadBlog]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク