次期「iPad」シリーズは9.7インチ/10.5インチ/12.9インチの3モデル構成に!? – 発表は2017年後半か

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

DIGITIMESが、サプライチェーンからの情報によると、Appleは、2017年に9.7インチ、10.5インチ、12.9インチの3つの「iPad」シリーズを発表することを計画しているようだと報じています。

スポンサーリンク

発表は2017年後半になる可能性も

次期「iPad」シリーズの10.5インチモデルは、現行の9.7インチモデルの製品ラインに取って代わる製品ラインになるようで、新しい9.7インチモデルは、主に教育分野をターゲットにしたエントリーモデルとして投入することが計画されているとのこと。

また、次期「iPad」シリーズは、Appleが2017年3月に開催するスペシャルイベントで発表されると言われていますが、今回の情報筋は2017年後半まで発表、発売されることはないと述べているそうです。

なお、10.5インチモデルの「iPad」と、アップグレードされた12.9インチ「iPad Pro」には、「A10X」プロセッサが搭載される予定ですが、新しい9.7インチモデルのプロセッサについては何も言及されておらず、10.5インチモデル、12.9インチモデルはハイエンドユーザーがターゲットとなっていることから、Appleの主要なサプライヤーによって部品が供給されるとしています。

次期「iPad」シリーズでは、10〜10.9インチモデルの追加、ホームボタンの廃止、ベゼルレスデザインが採用されるなどの情報がありますが、7.9インチモデルが追加されるとの噂もあり、ここにきて2017年後半まで発表、発売されないという情報も出てきているので、少し様子を見ないと何が真実なのかを判断できない状況になってきています。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク