9.7インチ「iPad (第5世代)」の「A9」プロセッサの最大動作クロックやRAM容量などが判明! – 「iPad Air」シリーズとのアクセサリの互換性も確認

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日の記事で、9.7インチ「iPad (第5世代)」の「A9」チップは「iPhone 6s」と同じもので、RAM容量は2GBであるとお伝えしましたが、Macお宝鑑定団Blogは、9.7インチ「iPad (第5世代)」の「A9」プロセッサを調査し、最大動作クロックやメモリ容量などを含む調査結果を報告しています。

SPONSORED LINK

「iPhone 6s」などと同じ仕様の「A9」プロセッサ

9.7インチ「iPad (第5世代)」に搭載されている「A9」プロセッサの最大動作クロックは1.85GHzになっており、このことから「iPhone 6s」や「iPhone SE」と同じ仕様の「A9」プロセッサが搭載されているとみられています。

また、RAM容量は9.7インチ「iPad Pro」と同じ2GBで、L1キャッシュサイズは64KB、L2キャッシュサイズは3MBとなっています。

さらに、9.7インチ「iPad (第5世代)」と「iPad Air」や「iPad Air 2」とのアクセサリの互換性もチェックされていて、「iPad Air」や「iPad Air 2」のケースはiSightカメラの位置が違うことから使用できないことも明らかになっています。

ただし、9.7インチ「iPad (第5世代)」は、iSightカメラの位置以外は「iPad Air」と全く同じサイズとなっているので「iPad Air」用の「Smart Cover」は装着することができ、カバーによるロックもちゃんと機能したそうです。

なお、Macお宝鑑定団Blogでは、9.7インチ「iPad (第5世代)」のベンチマークテストの結果も公開されており、「iPad Air 2」や、9.7インチ「iPad Pro」との比較なども公開されているので、気になる方は是非ご覧ください。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク