Apple、次期「iPad」シリーズで10〜10.5インチの新しい「iPad Pro」のハイエンドモデルを投入か!?

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

MacRumorsが、KGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏によると、Appleは、2017年に9.7インチ、10〜10.5インチ、12.9インチの3つの「iPad」を発売するようだと報じています。

スポンサーリンク

新たな10〜10.5インチのハイエンドモデル

新たな12.9インチモデルは、現行の12.9インチ「iPad Pro」の第2世代モデルとなるようで、10〜10.5インチモデルは狭いベゼル設計を採用したほぼベゼルレスの新たなハイエンドモデルとなり、9.7インチモデルは低価格のオプションになるとのこと。

また、12.9インチモデルと10〜10.5インチモデルにはTSMC製の「A10X」チップが搭載され、9.7インチモデルにはSamsung製の「A9」チップが搭載されるとしています。

なお、次期「iPad」シリーズには、10〜10.9インチモデルの追加、ホームボタンの廃止、ベゼルレスデザインなどの噂があります。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク