次期10.5インチ「iPad Pro」の解像度は2,224×1,668ピクセルに!? – ピクセル密度は9.7インチモデルと同じに

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Forbesが、IHS MarkitのRhoda Alexander氏によると、10.5インチの次期「iPad Pro」は、9.7インチ「iPad Pro」と同じピクセル密度になり、解像度は2,224×1,668ピクセルになるようだと報じています。

スポンサーリンク

10.5インチモデルはピクセル密度が264ppiに

Appleは、2017年3月に次期「iPad Pro」などを発表するスペシャルイベントを開催するとみられていますが、このイベントで発表されると予想されている10.5インチの次期「iPad Pro」は、9.7インチ「iPad Pro」と同じ264ppiのピクセル密度、2,224×1,668ピクセルの解像度になるとのこと。

10.5インチの次期「iPad Pro」のデザインはベゼルレスデザインになる可能性が高く、3月のスペシャルイベントで発表されてすぐの3月から4月の間に発売される可能性があるそうです。

また、9.7インチ次期「iPad Pro」の価格が「iPad Air 2」より100ドル安い299ドル(約3万円)になるとも報じており、現行の「iPad mini 4」に取って代わる存在になるとしていて、同時に「iPad mini 4」はアップデートされない可能性があるともしています。

なお、10.5インチの次期「iPad Pro」の価格については触れられておらず、現状では価格は不明なままですが、3月のスペシャルイベントでは次期「iPad Pro」の他にも「iPhone SE」の128GBモデルや「Apple Watch」用の新しいバンドが発表される可能性があるともみられています。



[via MacRumors]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク