10.5インチモデルのiPad Proの落下と曲げ試験を行い9.7インチモデルと比較した動画が公開

どうも!Hi-ブリッジmax(@Hi_B_max)デス!

Appleの新製品が発売されるとすぐに耐久性能を実験する海外のYoutubeチャンネルEverythingAppleProが、発売されて間もない10.5インチモデルiPad Proの落下と折り曲げ耐久試験の動画を公開しています。

スポンサーリンク

9.7インチモデルも併せてテスト

10.5インチとサイズも大柄なiPad Proですが、筐体の強度もやはり購入する際の判断材料として懸念される部分で、どれだけ先進的な機能を持っていても日常でのちょっとしたダメージに弱いようなデバイスでは使いものになりません。

iPhoneをハンドスピナーに改造してしまう海外のイカしたYoutubeチャンネル「EverythingApplePro」が、10.5インチモデルのiPad Proの試験の動画を早速公開しており、こちらの動画では落下と曲げの2つの項目をテストし、9.7インチモデルとの比較も行っています。


まずはディスプレイを上に向けて、そのまま腰の高さからiPad Pro落下させます。

背面部分から突起したカメラ部分に損傷があるのかと思いきや、意外と無事だったようです。床も平らで広い面で捉えて着地したので上手く衝撃を分散したのかもしれません。

次は側面が着地するように落下。実際の使用時に一番ありがちな落ち方なので、どんな結果になるか気になる所です。

10.5インチモデルを落下させた際には床面が割れたようです。落下時にかなりの力がかかっているのが分かります。

2台とも側面にちょっとした損傷が残りましたが、それ以外の影響は見られない模様です。

最後はディスプレイを底にして腰の高さから落下。高確率でディスプレイが割れる予感がします。

10.5インチモデルはディスプレイにヒビ割れが入りました、しかし画面表示には問題はないようです。

9.7インチモデルは広い範囲に割れが拡大。筐体の面積が小さな分、ディスプレイに加わる衝撃も大きかったのでしょうか。

次に手曲げによる耐久力のテストです。10.5インチ、9.7インチモデル共にある程度の大きさがあるので力も加えやすく、厚みも薄いのですぐに曲がってしまいそうです。
9.7インチモデルは、いとも簡単にくの字に変形しています。

10.5インチモデルも同様の結果で、こちらもたやすく曲がりました。2モデルともディスプレイがヒビ割れて曲げ面の強度が下がった状態でテストしているので実際の強度はわかりにくいですが、それでも曲げにはやはり弱そうです。

アンテナバー周辺はかなり脆くて曲がりやすいようです。

iPad Proが最早ガラクタに成り果ててしまいました。耐久試験とはいえ、これは素直に勿体無いですね。
デバイスの面積が大きくなればなるほど、ダメージを受ける部分も多くなるので、iPad Proを購入した際は落としたり、物にぶつけて衝撃を与えないように丁寧に扱い、液晶保護ガラスフィルムや保護ケースなどで未然に破損からの予防をしておく事をオススメします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク