新型「iPad Pro」と新型「iPad mini」に新情報 – 10.5インチモデルのケースがリーク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先ほど「iPhone 8」のTouch IDは電源ボタンかディスプレイに内蔵されるという情報を公開していたBenjamin Geskin‏氏が、またしても新たな情報を公開。今度は10.5インチと12.9インチの新型「iPad Pro」のサードパーティ製ケースの写真を投稿しています。

スポンサーリンク

「WWDC 2017」では12.9インチの新型「iPad Pro」も発表か

Benjamin Geskin‏氏が公開したのは新型「iPad Pro」の10.5インチモデル12.9インチモデルのサードパーティ製ケースの写真。

公開された新型「iPad Pro」のケースには本体上部に2つ、本体下部のLightningコネクタの横に2つ、計4つのスピーカー用の穴が開けられている他、イヤホンジャック用の穴も開けられているので新型「iPad Pro」では3.5mmプラグのイヤホンやヘッドホンが使える可能性があります。

また、12.9インチの新型「iPad Pro」用ケースにはTrue Toneフラッシュを搭載した形状のカメラ穴が開けられています。現行モデルの12.9インチ「iPad Pro」のカメラ周りとは違うデザインなので、この画像は12.9インチ「iPad Pro」にも新型モデルが登場する可能性を示唆しており、もしかすると来月5日から開催される「WWDC 2017」で発表される可能性も。

しかも、同氏は先日段階的に廃止されると報じられた「iPad mini」に関しても「今年は新しいiPad miniが発表されない」と言及。”今年”はとしていることから、なにかしら「iPad mini」に関する情報を握っているものと考えられます。

さらに、Shai Mizrachi氏もTwitter上に10.5インチの新型「iPad Pro」用ケースの写真を投稿。比較としてケースの中に収まっているのが9.7インチで、ケースのほうが一回り大きくなっていて間違いなく10.5インチモデル用のケースであることが確認できます。

これまで10.5インチの新型「iPad Pro」は、ディスプレイが10.5インチになるものの、ベゼルレスデザインが採用されることで端末サイズは9.7インチのまま変わらないとみられていましたが、今回の写真のように本体サイズが大きくなるということはベゼルレスデザインは採用されないのかもしれませんね。

なお、Shai Mizrachi氏によると、中国のケース工場がすでに10.5インチモデル用のケースを作り始めているそうで、この情報が正しいのであれば新型「iPad Pro」はもう間もなく、それこそ「WWDC 2017」で発表されるものと思われます。

10.5インチの新型「iPad Pro」は今年の3月〜4月頃から量産が開始されていて、今年6月の「WWDC 2017」で発表されるという情報がありますが、12.9インチモデルの新型「iPad Pro」については現時点ではリリース時期などの情報は不明。

ただ、現行モデルの12.9インチ「iPad Pro」がリリースされたのは2015年11月で、すでに1年半以上が経過しているため、そろそろアップデートが発表されてもおかしくはない気がしますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク