次期「iPhone」ではFaceTimeカメラやTouch IDなどが有機ELディスプレイ内に埋め込まれる!?

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

AppleInsiderによると、Cowen and CompanyのアナリストであるTimothy Arcuri氏が、サプライチェーンの情報筋の話として、Appleは2017年後半に3つの新しい「iPhone」を発表するようだと報告していることが明らかになりました。

スポンサーリンク

4.7インチ/5.5インチ/5.8インチの3モデル構成に

Timothy Arcuri氏によると、次期「iPhone」シリーズでは、従来のアップグレードモデルとなる4.7インチと5.5インチの「iPhone 7s/7s Plus」に加え、新たに有機ELディスプレイを搭載し”ラップアラウンド”デザインを採用した5.8インチの「iPhone 8」が追加されるとのこと。

また、この5.8インチの「iPhone 8」では、FaceTimeやTouch IDなどが有機ELディスプレイ内に埋め込まれ、フロントがベゼルレスデザインになり、赤外線センサーによるジェスチャー操作や顔認識、ワイヤレス充電などが搭載される可能性もあるとみられています。

さらに、Appleは新しいTouch IDのセンサーにSynaptecの光学ベースの指紋リーダーを採用するともみられていますが、Synapticsはデバイスメーカーにサンプルの提供を行っていないので、次期「iPhone」が発売される秋までに大量生産できるかは疑問が残るとしています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク