2017年に発表される次期「iPhone」シリーズでは全てのモデルにワイヤレス充電機能が搭載か!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

9to5Macが、KGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏によると、Appleが2017年に発表する次期「iPhone」シリーズでは、全てのモデルにワイヤレス充電機能が搭載されるようだと報じています。

スポンサーリンク

プレミアムモデルだけではなく全モデルに搭載

2017年に発表される次期「iPhone」シリーズは、4.7インチの「iPhone 7s」、5.5インチの「iPhone 7s Plus」、5.8インチの「iPhone 8」の3モデル構成になると言われていますが、価格が1,000ドル(日本円で約11万円)以上になると言われているプレミアムモデルの「iPhone 8」だけではなく、全てのモデルにワイヤレス充電機能が搭載されるとのこと。

また、ワイヤレス充電は発熱量が多く、iPhone内部の温度を上昇させてしまうため、有機ELディスプレイや、3D Touchセンサーなどを守るためにグラファイトシート積層が新たに採用されるそうです。

ただ、このグラファイトシート積層が追加された3D Touchモジュールは、総コストが30〜50%上昇するそうで、最終的には「iPhone」の販売価格にも影響する可能性があるとみられています。

なお、前述した通りプレミアムモデルの「iPhone 8」は価格が1,000ドル(日本円で約11万円)以上になるとも言われており、これまでの情報が正しければ次期「iPhone」シリーズは、これまでで最も高価格の「iPhone」となってしまいそうです。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク